Resultsお客様とともに―ローレルシリーズの事業実績

関西有数の総合デベロッパーとして、
良質な住環境整備を推進してきた近鉄不動産。
昭和43年に近畿日本鉄道(株)より土地建物経営事業を継承し、
以来、関西全域をはじめ首都圏、東海圏を中心に事業を展開、
これまで関西圏で405物件50,658戸、全国で741物件84,160戸を超えるマンションを供給してまいりました。(2019年3月末時点)

ローレルスクエアあやめ池(奈良県奈良市)

供給実績

自然との共生を目指した大型プロジェクトや、都心タワープロジェクトをはじめとした時代のニーズに応えるプロジェクトを数多く供給。
関西圏全域をはじめ、首都圏・東海圏においても、スケールの大きな街づくりや上質な住まいづくりを展開してきました。
2007年・2008年には、近畿圏マンション供給戸数ランキングで2年連続1位を達成。
全国ランキングにおいても21年連続ベスト20(1996年〜2016年)を継続するなど、常に上位の分譲実績を残しております。

沿革

1916年 東大阪土地建物(株)を創立し、住宅地造成・住宅建築業務を開始 (大阪電気軌道[現近畿日本鉄道])
1968年 近鉄不動産(株)創業 近畿日本鉄道(株)より土地建物経営事業を承継
1978年 東生駒ローレルコート分譲開始(「ローレル」ブランド第1号)

近年の沿革

近年の沿革

2003年 「ローレルスクエア都島 エル・フラッツ」 住宅金融公庫第5回KANSAI優良団地賞 受賞
2004年 「ローレルスクエア高槻」住宅金融公庫第6回KANSAI優良団地賞 受賞
「OSAKAフォレストスクエア」竣工(大阪市 市民の「健康づくりゾーン」整備事業コンペ最優秀作品)
2005年 「OSAKAフォレストスクエア」住宅金融公庫総裁表彰 受賞
2008年 関西最大級の高齢者向け分譲マンション「マスターズステージ泉ヶ丘」販売開始
2009年 国土交通省が「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」に「あやめ池遊園地跡地・省CO2タウンプロジェクト」を採択
2010年 都市型コンパクトレジデンス「ローレルアイ」シリーズ始動
2011年 近鉄不動産のオリジナル収納「L'skit(エルスキット)」誕生
「グランドミッドタワーズ大宮~ハイブリッドダブルチューブ 架構~」がグッドデザイン賞を受賞
国土交通省「住宅・建築物省CO2先導事業」に尼崎D.Cグランスクエアプロジェクト(総戸数671戸・20階建)が採択
2013年 近鉄不動産のマンションブランド「ローレルマンションシリーズ」をリブランディング、防災基準を強化
名古屋市中区丸の内エリア初の超高層免震タワーマンション「ザ・パークハウス 久屋大通 ローレルタワー」(総戸数186戸・23階建)着工
「ローレルアイ恵比寿ピアース」がグッドデザイン賞を受賞
「ライオンズ港北ニュータウンローレルコート」(スマートマンション導入加速化推進事業 4つ星採択プロジェクト)販売開始
2014年 京都桂川つむぎの街グランスクエア(総戸数431戸・15階建)経済産業省「スマートマンション導入加速化推進事業」に採択
「グッドデザイン賞」2年連続受賞〜「ローレルスクエア学園前」「ローレルアイ白金」
2015年 「グッドデザイン賞」3年連続受賞〜実験集合住宅NEXT21 501住戸「プラスワンの家」
2016年 「北大阪健康医療都市(愛称:健都)」のランドマークとなる健康マンションプロジェクト「ローレルスクエア健都ザ・レジデンス」(総戸数824戸)始動
「グッドデザイン賞」4年連続受賞〜5プロジェクト同時受賞
天王寺公園エントランスエリア「てんしば」金賞受賞
「マドルノ」「エイジング・フリー」「ローレルコート覚王山御棚町」「ライオンズ港北ニュータウンローレルコート」
2017年 「グッドデザイン賞」5年連続受賞
「あべのハルカス」「ローレルコート西葛西」「ブランズシティ天神橋筋六丁目」
2018年 「グッドデザイン賞」6年連続受賞
「ローレルアイ目黒大橋」「リフィオ成増」「ブランズタワー御堂筋本町」「イニシア桂大橋」
2019年 「グッドデザイン賞」7年連続受賞
「ローレルコート上本町石ヶ辻公園」「ローレルタワー梅田ウエスト」「ローレルタワー心斎橋」「リフィオ木場公園」
閉じる

グッドデザイン賞

公益財団法人日本デザイン振興会主催のグッドデザイン賞を7年連続受賞。

  • GOOD DESIGN AWARD 2019
  • 7年連続受賞

公益財団法人日本デザイン振興会主催の2019年度グッドデザイン賞にて、住まう空間に公園の景色を取り込む工夫、周辺の街に対しては、公園の背景に立つ建物として、ふさわしい姿となるよう、計画した「ローレルコート上本町石ヶ辻公園(大阪市天王寺区)」、全住戸南向き、最上階に共用室を配置することで、すべての住まい手が、居住環境のよい専有部と開けた眺望を有する共用室という高層住宅ならではのメリットが享受できるよう、計画した「ローレルタワー梅田ウエスト(大阪市福島区)」、大阪城が築城された時代から引き継がれる碁盤目状の都市計画を建物のファサードに取り入れるため、構造体の柱・梁で構成するグリッドを露出し、陰影で規則正しく整えた「ローレルタワー心斎橋(大阪市中央区)」(大栄不動産(株)との共同事業物件)、“集合住宅において接地階は街との関係性において、きわめて重要であると認識”し、建物の1階空間だけをリノベーションすることで建物の価値向上および街との距離感を再デザインした「リフィオ木場公園(東京都江東区)」の計4プロジェクトが同時受賞(住宅・住空間部門受賞)いたしました。今般の受賞により、当社のグッドデザイン賞受賞は7年連続となりました。

ローレルコート上本町石ヶ辻公園

ローレルタワー梅田ウエスト

ローレルタワー心斎橋

リフィオ木場公園


Up

Back