ニューノーマルな暮らしにもフィットする
快適な住まいをご提案。

新型コロナウイルスの流行によって生活様式が変化したり、家で過ごす時間が増えたことで、住まいの中でストレスに感じることが増えたり、見直したいポイントがいくつかありますよね。近鉄不動産では、女性ならではの細やかな視点で住まいづくりを行う「ウーマンズ・アイ」を展開。女性社員たちが自身の生活の中で感じた「日々の困りごと」や「あったらいいな」をもとに商品企画を行い、ニューノーマルな暮らしにもフィットする快適な住まいをご提案しています。今回は、マンション事業本部 商品企画担当の赤井さん・山田さんと共に、さまざまなアイデアと工夫を盛り込んだ「ローレルコート花園レジデンス」を例にご紹介します。

幸せな毎日であるために。暮らしを見つめる「ウーマンズ・アイ」

ウーマンズ・アイは、暮らしの幸せを実現するマンションづくりの視点。近鉄不動産の女性社員が、働く女性、妻、母として、日々の暮らしを通して感じた想いや発想から、住まいに工夫や配慮を施します。目指したのは、快適な住まいの先にある「幸せ」な毎日です。


意識しなくとも散らからないリビングへ

リビングの片付け時間を減らしたい…

リビングが散らかる原因は
ついやってしまう“とりあえず置き”

仕事や買い物から帰ってくると、カバンや上着、荷物などをリビングに“とりあえず”置いてしまい、家族みんなもそうすることで気がつけばリビングに物が散乱…。そんな状態のリビングの片付けに時間がとられてしまうことも。「まずは散らかってしまう原因を考えて、特別に意識しなくともキレイなリビングがキープできる仕掛けを検討しました」と話します。

ポイントは家族みんなが通る帰宅動線。
動線上に自然と散らからない工夫が必要!

「ただいま」と帰宅したら、とりあえずリビングへ。疲れて帰ってきて家でホッとしているなか、上着やカバン、手に持った郵便物、学校でもらってきたプリントなどを収納すべき場所へしまいに行くのが面倒で、ついつい後回しにしてリビングが散らかってしまう。こうした玄関からリビングへの帰宅動線と収納場所の関係に商品企画のメンバーは着目しました。

「一般的なマンションの間取りだと、帰宅動線上に収納場所が少ないですよね。家族が最も通るこの動線上に収納場所を用意し、“とりあえず置き”を 防ぐ仕掛けがあれば、散らからないリビングが叶うのではないかと検討を重ねていきました。また、社内でいろんな方に意見を聞いてみると、体温計や文房具などよく使う小物類を出しっぱなしにしていたり、スマホの充電場所に困ったり…。どんな物を収納できれば便利なのかも、洗い出していきました」


リビングが自然と片付く「リビングL’skit」

帰宅動線上のリビングと廊下の2箇所に収納を設けることで、“とりあえず置き”を 防ぎ、散らからない住まいをめざしたと話します。「ひとつはリビングの通路に近鉄不動産オリジナル収納『リビングL’skit』を考案・製作して、メニュープランで選んでいただけるようにしました。カバンや郵便物など帰宅したときにさっとしまいたい物、救急箱や書類など家族がよく使う物、アクセサリーや腕時計といった小物類、ゴミ箱なども収納することを想定しています。さまざまな物が収納しやすいよう一番上の棚板以外はすべて可動棚です。

仕掛けとして工夫したポイントは2枚引戸を採用し、開けっぱなしでも使えること。扉の開け閉めが不要なゼロアクションで物の出し入れができると、“帰宅したらここにしまう”ことが習慣づけられ、自然と片付くお部屋になると思います。また、来客時など収納を隠したいときには、扉を閉めることでお部屋をスッキリ見せられます」

収納内の手元の高さにコンセントを設置し、スマホやタブレットなどを充電しながら収納可能。

床はリビングからフローリング続きにすることで、キャスター付きの物もスムーズにしまうことができます。

コートやカバンをすっきりしまえる「廊下クロゼット」

写真左:廊下クロゼット/右:通常の廊下収納

帰宅動線上に設置したもう1つの収納が「廊下クロゼット」です。「文字通り、コートなどを掛けるポールを備えたクロゼットを廊下に配置しています。一度袖を通してお部屋のクロゼットにしまいたくない衣服や帽子、大きなカバンなどの収納を想定しています。廊下で上着やカバンをしまえば、リビングのソファなどに“とりあえず置く”こともなくなるはず。また、洗面室の前に位置する廊下クロゼットは、かさばってしまうランドリーバスケットなどの収納場所にも最適です」

※ローレルコート花園レジデンスのリビングL’skit・廊下クロゼットはA・E・F・Gタイプのみ無償セレクト(申込期限あり)


ニューノーマルにもフィットした玄関へ

マスクや除菌グッズなど物が増えてゆく…

マスクや除菌グッズ、ブーツにベビーカー。
意外と多い玄関に収納したい物

玄関のさまざまな困りごとをもとにプランを検討したと話します。「急いでいるときに、靴を履いてからマスクを忘れたことに気づいて、慌てた経験ってありますよね。玄関にマスクを収納したいけど、靴箱の中はちょっと…。帰宅して除菌するのに除菌グッズの置き場所がなかったり、1日履いたブーツを密閉された靴箱にしまうのは抵抗があったり、ベビーカーやキャリーケースの収納場所がなかったり、玄関は解決したい困りごとがいくつもある場所なんです」


便利&快適な玄関をつくる「シューズL’skit」

玄関のさまざまな困りごとを解決するために、近鉄不動産オリジナル収納「シューズL’skit 」をアップデート。「大きなポイントは、ニューノーマルにもフィットした玄関をめざして靴や傘など外で使う物と、マスクや除菌グッズなど衛生に関わる物を分けてしまえるようにしたことです」

除菌グッズや芳香剤の置き場所としてニッチを用意。おでかけ時にさっとマスクがとれたり、帰宅時に手の除菌がしやすい高さに設計しています。

外で使う物と区別できる収納スペースを設置。靴箱とボックスを分けることで、マスクやハンカチなども気にせず収納でき、使いやすいよう室内側から扉の開け閉めができるようにしています。

両開きの収納部分は底板が取り外しでき、ブーツやベビーカー、キャリーバッグなど背の高い物もスッキリとしまえます。

扉裏に傘の収納を設け、スペースを有効活用。スリッパも掛けて収納でき、使わない時は折りたたむことができます。

※ローレルコート花園レジデンスのシューズL’skitはDタイプを除く住戸に採用


玄関に欲しかった「全身チェックミラー」

※クロス、ミラーの一部は有償オプション

靴を履き、全身のコーディネートを確認するなど、玄関先にあるとなにかと便利な大型のミラー。 「マスクを玄関でつけたときに鏡でチェックしたいですよね。シューズボックスの反対の壁に全身チェックミラーを配置したことで、靴を履いてマスクをつけた状態でおでかけ前の最終チェックができます。また、鏡は空間の広がりを演出してくれるので、玄関がより広く見える効果も」


洗濯をもっとラクに、スマートに

毎日のことだからストレスを減らしたい…

洗剤の置き場所と
洗濯物を干す場所の確保が大事

毎日の洗濯でストレスになりがちなのが、洗濯機の近くに洗剤を置くスペースがないこと。「洗濯機と洗剤が離れていると、たとえわずかな距離でもわずらわしく感じる方が多いと思います。また、共働きの方で夜に洗濯をしたり、雨や花粉の時期に室内に干したいときに、そのスペースがないと不便ですよね。今回は、洗濯しやすい環境づくりも検討しました」


使い勝手のよい吊戸棚「ランドリーL’skit」

洗濯機上部の吊戸棚にさまざまな工夫を盛り込んだ近鉄不動産オリジナル収納「ランドリーL’skit 」を改良。アップデートしたポイントをこう話します。「最近は高さのある洗濯機が登場していることから従来よりも高さを狭め、その分奥行きを広げて、使い勝手と収納量のバランスを考慮しました。取っ手がなく、シンプルでスッキリとしたデザインとなっています」

ハンガーなどを掛けられるポールを設置。使いやすいよう引出し型を採用しています。洗濯機から靴下やハンカチなどの細かな物だけをそのままピンチハンガーに掛ければ、よりスムーズに干すことができます。

洗剤スペースにはステンレストレーを用意。万一、洗剤の液が蓋から漏れてもトレーが洗えるので衛生的です。


雨の日や花粉が舞う日でも干せる「室内物干し」

施工例

雨の日や花粉が舞う日でも気兼ねなく干すことができる「室内物干し」をリビングもしくは洋室に設置。ポールは着脱式のため使わないときは収納できます。暑い夏や寒い冬にバルコニーで家族全員分の洗濯物を干す時間はなかなか辛いもの。室内で服をハンガーに掛けて室内物干しに仮置きし、一気にバルコニーに掛ければ外にいる時間が短縮でき、洗濯も快適に。
※物干しバーはつきません


「あったらいいな」を細やかな視点でカタチに

洗面室のスペースを有効活用してタオル収納を確保

お風呂上がりや洗面台で顔を洗ったあとに新しいタオルがなくて部屋まで取りに行く…。そんな不便なことが起きないよう洗面室にタオルの収納場所を確保したいもの。そこで、限られたスペースでもタオルが収納できるよう近鉄不動産オリジナル収納「リネンL’skit」を採用。奥行きの浅いデッドスペースには浅型タイプを用意し、着脱式のポールを使ってタオルを立てて収納できます。一方、幅の狭いデッドスペースには深型タイプを採用。引出し式の収納で奥の物もスムーズに出し入れできます。

写真左:リネンL’skit(浅型)/右:リネンL’skit(深型)施工例

※ローレルコート花園レジデンスのリネンL’skitはEタイプを除く住戸で採用。タイプによって形状やサイズが異なります。

忙しい毎日、家の中でも手放せないスマホのために

忙しい朝、スマホを手に持ったまま洗面室へ。でも、濡らしたくないし、洗面台に置き場所もなく…。そんな不便を解消するために、洗面台のタオル掛けの上に小物置場を設置。スマホだけでなくメガネなどの置き場所としても使えます。また、トイレのペーパーホルダー横にも小物置場を設け、スマホをポケットに入れたままうっかりトイレに行っても安心です。


外観完成予想図

今回ご紹介したのは

「ローレルコート花園レジデンス」

Tel:0120-387-781
営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜日・木曜日・第3火曜日(祝日は除く)

※ご来場のお客様及びスタッフの安全のため、予約制とさせていただき、ご来場人数を限定させていただいております。

公式サイトはこちら