近鉄不動産を知るための
7つのキーワード。

日本一、グッドデザイン賞、6×4…近鉄不動産がわかる
様々な数字やキーワードをご紹介します。

日本一

CLICK
日本一

ビルとして日本一の高さを誇る「あべのハルカス」。鉄道7路線が利用できる大阪屈指のターミナルに直結しており、市内外の「ハブ」として絶好の条件をもつ土地に、百貨店や大規模オフィス、国際ブランドホテル、そして都市型美術館を備えた新しいタイプの複合型商業施設です。当社は、この「あべのハルカス」の運営を担当し、あべの地区のタウンマネジメントを行っています。

BACK

グッドデザイン賞

CLICK
グッドデザイン賞

当社は、財団法人日本デザイン振興会主催の「2020年度グッドデザイン賞」を3プロジェクトで受賞しました。この受賞により、当社のグッドデザイン賞受賞は8年連続となります。
これからも、総合デベロッパーとして、快適で豊かな住まいや街づくりに努めてまいります。

BACK

6×4

CLICK
6×4

当社が展開するマンションブランド「ローレルシリーズ」における6つの「視点」と4つの「ブランド」。 6つの視点は「品質」「安全」「健康」「環境」「未来」「信頼」。その6つの視点で住まいを見つめ、信頼と経験を活かした上質な暮らしと洗練された住まいをつくることを目指しています。また4つのブランドは、「ローレルコート」「ローレルスクエア」「ローレルアイ」「ローレルタワー」から成り、お客さまのニーズに合わせた上質な新築マンション・分譲マンションを提供しています。

BACK

21,200,000人

CLICK
21,200,000人

天王寺公園エントランスエリア「てんしば」のリニューアルオープンから約5年間(2015年10月1日~2020年10月1日)で総入園者数は、21,200,000人を超え、様々な方々の憩いの場としてご利用いただきました。今後も当社は「てんしば」が、天王寺・あべのエリアのにぎわい創出の拠点として、たくさんの人々に愛される場所にしていきます。

BACK

41,918軒

CLICK
41,918軒

近鉄の街づくりの歴史は、1950年7月、奈良市学園前の開発にはじまります。自然を活かしながら、住宅だけでなく生活・教育・文化施設などが計画的に整備されたその街は、現在では関西屈指の邸宅街にまで成熟しています。当社は1968年に近畿日本鉄道(株)より土地建物経営事業を承継し、50年間で41,918軒の住宅を分譲してきました。今後も皆様に快適な住まいをお届けし続けます。

BACK

トマト

CLICK
トマト

近鉄グループが大切にする「安全・安心」への考え方を「食」にも展開し、2012年より奈良県で「近鉄ふぁーむ 花吉野」を立ち上げ、完全人工光植物工場と農業用ハウスでトマトやレタスの栽培を行っています。また、この「近鉄ふぁーむ 花吉野」は近畿大学、丸紅との提携で運営されており、それぞれの得意分野を活かした連携を行っています。

BACK

住まいのパートナー

CLICK
住まいのパートナー

当社のリフォーム事業「NEWing(ニューイング)」は、「住まいのパートナー」として、全てのお客様に感動と笑顔をお届けしております。奈良・大阪・三重を中心に、マンション事業や戸建事業で培ったノウハウをベースとして、お客様に末永く、快適に住み続けていただくためのさまざまなリフォーム・リノベーションを手がけています。

BACK