若手社員座談会

座談会概要:期待の星として近鉄不動産を盛り上げる4名の若手社員が、忌憚なく想いを語ります。

MEMBER

マンション事業本部
計画部

山田 菜摘

新築マンションの商品企画として、マンションのアピールポイントとなるコンセプト立案からマンションの間取り検討、外観/内観デザイン計画などを担当する。


経営企画室

茂木 凌大

経営企画室・経営戦略グループにて、組織の中長期的な方針を決定する「中長期経営計画」の策定に携わる。また、新たな成長戦略の一環として、不動産金融ビジネスにも着手する。

アセット事業本部
賃貸事業部

山條 芽

オフィスビル・商業施設における運営管理業務全般として、主にテナントとの交渉・契約管理を担当。商業施設での販促イベント考案などにも携わる。

事業開発本部
プロジェクト企画部

石川 瑠唯

事業開発本部・プロジェクト企画部として、主に高架下スペースの新規開発と既存物件の活用検討を行う。また、部署内のDX(デジタルトランスフォーメーション)担当として、システム導入にも携わる。

01

それぞれが入社に至るまでの
経緯と近鉄不動産の魅力

山田

それでは、皆さんが近鉄不動産を選んだ理由を教えてください。

石川

就職活動当初、幅広い業界を研究する中で不動産業界に興味を持ちました。多様な分野での開発実績がある近鉄不動産であれば、新しい事業にゼロから携われそうだと考えたことが、入社を決めた理由のひとつです。

山田

プロジェクトの根幹から携われる点が大きな魅力ですよね。実は私も、似たような考えを持って就職活動に取り組んでいました。私は学生時代に建築を学び、建築物のコンセプト立案を自ら手がけてみたいと考えていました。なので、関西有数のデベロッパーである近鉄不動産に強く惹かれたことをよく覚えています。

茂木

私も有力デベロッパーとしての近鉄不動産に魅力を感じたタイプです。文理を問わずものづくりに携われるところが魅力的でした。また、私は関東出身なので、仕事を通じて関西という見知らぬ土地を知れることも面白そうだと考えていました。

山條

私は不動産業界で働く家族の影響で、業界に興味を持ちました。その中で偶然、大学時代の先輩が近鉄不動産に勤務していることを思い出し、お話を聞きに行ったことがきっかけです。先輩はもちろん、近鉄不動産で勤務する先輩社員の皆さんが活き活きと楽しそうに働かれている姿を見て「私もこうなりたい!」と感じましたね。

石川

近鉄不動産は本当に社内の雰囲気が良いですよね。私も、選考中に当社のフレンドリーな空気感をひしひしと感じていました。

02

若手社員が早い段階から
活躍できる環境

山田

皆さんの入社理由がバラエティ豊かで、本当に興味深いです。それでは次に、現在の仕事内容と印象的だった経験を教えてください。

茂木

入社2年目で経営企画室の経営戦略グループに異動し、現在は中長期経営計画の策定と不動産証券化に取り組んでいます。異動してからは、常に広い視野で仕事に取り組むことを心がけるようになりました。異動前は収益物件の新規開発事業に取り組んでいたので、担当する業務によって考えるべき事柄・見えてくるものがまったく違うことが印象的でしたね。

山條

私は入社から現在まで、オフィスビル・商業施設の運営管理を担当しています。先日、担当するエリアの配置替えがあったのですが、その時の出来事が印象的でした。担当のテナント様への挨拶回りで「今まで本当にありがとう」のお言葉やプレゼントをいただいたんです。「きちんと信頼関係を築けていたのだなあ」と、思わず感動してしまいました。

山田

お客様や関係者の皆様から感謝されることが、この仕事の醍醐味かもしれませんね。かくいう私も、入社1年目に経験したマンション販売の営業で、お客様からいただいた感謝の言葉を忘れたことはありません。お客様の心に寄り添った接客の経験は、計画部でマンションの商品企画に取り組む現在も活きていると思います。

石川

皆さんさまざまな経験をされていて、なんだか憧れてしまいます(笑)。私は事業開発本部のプロジェクト企画部で、高架下スペースの新規開発事業に携わっています。印象的だったのは、飲食店の開発事業として、プライベートで感じた「飲食店の接客態度の良し悪し」「最近利用したおすすめのカフェ」などを上司から聞かれたことです。自らの意見が飲食店開発に反映され、プライベートで得た情報・知見を仕事に還元できることが魅力的だと感じました。

03

不動産デベロッパーとしてのメリットを活かし、
幅広い事業に携われる

山田

ありがとうございます。では最後に、皆さんが感じる仕事のやりがいと今後の目標を教えてください。

石川

何といっても、近鉄不動産には若手社員の挑戦を後押ししてくれる社風があります。私は入社してからまだ日が浅いですが、積極的に意見を出せることが多く、その内容に的確にアドバイスを上司や先輩から頂き、結果として提案内容が採用されるなど、段階的にステップアップできることにやりがいを感じています。今後は取り組む仕事の量と質を向上させ、グローバル人材として世界を相手にした開発事業を手がけてみたいです。

茂木

私の考えも石川さんの意見に近いです。入社3年目の現在は、ある程度の裁量権を持って業務に取り組むことができ、やりがいと自身の成長を感じています。今後は組織とともにさらなる成長を遂げ、これまで誰も思いつかなかった新規性の高い事業に携わりたいです。それを実現できるのが経営企画室ですし、実際にチャレンジできる機会も豊富にあります。就職活動に取り組む皆さんにも、ぜひ飛び込んできてほしいですね。

山田

若手社員が成長できる機会が多いのが近鉄不動産の特長ですね。山條さんはいかがですか?

山條

私はやはり、テナント様が新規入居を決めていただいたときに達成感を感じます。テナント契約は新規契約以外にも、さまざまな契約のパターンがあります。それらのケーススタディを自らに蓄積する中で、実力を高めていきたいです。そして今後はさまざまなエリアの物件に挑戦し、ゆくゆくはビル開発などの事業にも携わってみたいです。

山田

私はマンションのコンセプト立案から携わる立場として、自分がゼロから創りあげた建物が完成したときに強いやりがいを感じます。最近では、初めて一人で商品企画を担当する機会をいただいたので、より良い物件づくりに取り組みたいです。お客様がひと目みて「素敵」「こんなマンションに住みたい」と感じる物件を完成させたいですね。