人気スポット「あべのハルカス」の
最新情報をご紹介!

近鉄不動産が運営する、日本一高い超高層ビル「あべのハルカス」 。 2019年3月にオープンから5周年を迎え、今やすっかり大阪を代表する観光スポットに。百貨店、ホテル、美術館、展望台など多彩な施設で構成される“立体都市”の楽しみ方をご紹介していきます!


「あべのハルカス美術館」で世界に愛される名作や名画を愉しんで!

これまで数多くの“話題の展覧会”を行ってきた「あべのハルカス美術館」。今年の春・夏も、世界で愛される「クマのプーさん展」や象徴主義の巨匠「ギュスターヴ・モロー展」を開催。休日のおでかけはもちろん、平日は夜8時まで開館しており、近鉄「大阪阿部野橋」駅直上とアクセスが便利なので、仕事や学校の帰り、お買い物のあとに気軽に立ち寄れるのも魅力です。

「ながいあいだ、三人はだまって、下を流れてゆく川をながめていました」、『プー横丁にたった家』第6章、E.H.シェパード、鉛筆画、1928年、 ジェームス・デュボース・コレクション © The Shepard Trust

クマのプーさん展
2019年4月27日(土)~ 6月30日(日)

1926年の出版以降、50以上の言語に翻訳され、5,000万部以上のシリーズ本が出版されている『クマのプーさん』。そんな世界中で愛される「プーさん」のすべてを紹介する“決定版の展覧会”です。著者A.A.ミルンの資料や挿絵を担当したE.H.シェパードの貴重な原画など、英国のヴィクトリア・アンド・アルバート博物館をはじめ、各国から集めた資料なども見ることができます。

学芸員が語る展覧会の見どころ!
これだけ多くの原画を、一度に日本で見られる貴重な展覧会! 原画や制作資料など200点を超える作品を通して世界中で愛され続ける「プーさん」の魅力をひもときます。

[時]火~金曜10:00~20:00、月曜・土日祝 10:00~18:00
※入館は閉館30分前まで
[休]5月13日(月)、20日(月)、27日(月)
[料]一般1,500円 大学・高校生1,100円 中学・小学生500円

《出現》油彩/カンヴァス 1876年頃 Photo©RMN-Grand Palais / René-Gabriel Ojéda / distributed by AMF

ギュスターヴ・モロー展
2019年7月13日(土)~ 9月23日(月・祝)

ギュスターヴ・モロー(1826-1898) は、19世紀末のフランスに花開いた象徴主義の巨匠です。神話や聖書をテーマにした魅惑的な女性像で知られ、新約聖書などに伝わる「サロメ」を描いた作品は、世紀末ファム・ファタル(宿命の女性)のイメージ形成に影響を与えました。本展は、パリにあるモロー美術館の全面協力のもと、身近な女性たちからファム・ファタルまで、モローの多様な女性像を紹介。その創造の原点に迫ります。

学芸員が語る展覧会の見どころ!
妖しくも魅惑的な「ファム・ファタル」の画家、モロー。その女性像の傑作に加え、今回は彼が実生活で愛した女性たちにも注目しながら、謎めいた画家の素顔に迫ります!

[時]火~金曜10:00~20:00、月曜・土日祝 10:00~18:00
※入館は閉館30分前まで
[休]7月22日(月)、7月29日(月)、8月5日(月)
[料]一般1,500円 大学・高校生1,100円 中学・小学生500円

INFORMATION

あべのハルカス美術館

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
Tel. 06-4399-9050
<最寄り駅>
近鉄「大阪阿部野橋」駅 西改札
JR「天王寺」駅 中央改札
大阪メトロ御堂筋線「天王寺」駅 西改札
大阪メトロ谷町線「天王寺」駅 南西/南東改札
阪堺上町線「天王寺駅前」駅 よりすぐ

あべのハルカス美術館公式サイトはこちら


展望台やラグジュアリーホテル、百貨店などでも多彩なイベントを開催!

日本初のスリル体験アトラクションが楽しめる地上300mの展望台、話題のスイーツショップがオープンする百貨店、絶景と美食が堪能できるラグジュアリーホテルなど。あべのハルカスには、休日をたっぷり愉しめる多彩な施設・催しがあります。それぞれの施設の魅力や初夏に行われるイベント・フェアなどをご紹介!

●ハルカス300(展望台)

天候がよい日には、大阪市内はもちろん、京都から六甲山系、淡路島なども一望できます。トワイライトの美しい光景が広がる夕暮れ時、ダイナミックで幻想的な夜景と、時間帯を変えてみるのもおすすめ。地上300mに位置するヘリポートにのぼることができるツアー(別途500円)やスリル満点の「EDGE THE HARUKAS」もぜひ!

INFORMATION

ハルカス300

あべのハルカス58~60F 
Tel. 06-6621-0300(受付時間10:00〜17:00)
[時]9:00~22:00 ※当日券販売は8:50~21:30 [休]無休
[料]大人1,500円 中高生1,200円 小学生700円 幼児(4歳以上)500円
※月間有効券(月間内に1回、優先レーンにて入場可)はプラス500円

ハルカス300公式サイトはこちら

「EDGE THE HARUKAS」は、ビルの最頂端部に設置したデッキ上を歩く日本初のスリル体験アトラクション。地上300m、幅約60㎝、長さ20mのデッキを命綱を付けて歩き、日常では味わえないスリルと開放感を体感することができます。

[時] 10:00~18:00  [料] 1,000円(記念写真1枚・写真データ含む) 、別途展望台入場料が必要
※状況により受付終了時間が早まる場合があります。
※日程により営業を休止する場合があります。
参加条件や申込み方法などの詳細は公式サイトをご確認ください。

EDGE THE HARUKAS公式サイトはこちら

あべのハルカスのビアガーデン 「Beer300」
2019年10月27日(日)まで

“都会で楽しむバーベキュー”として毎年人気のビアガーデン。地上約300mからの絶景と共に、5周年にちなんだ特選牛ロース、三元豚の肩ロース、スパイシーケイジャンチキンなど5種のお肉を味わえます。ドリンクメニューでは、海外で話題の「ポッピングボバ」を使ったドリンクが新登場。飲み放題メニューにも「知覧紅茶ハイ」などが加わるなど、フード・ドリンク共にパワーアップ!

詳細はこちら

HARUKAS MORNING YOGA
2019年 5月25日、6月1日・ 8日・ 15日・ 22日

「ホットヨガスタジオLAVA」とコラボした、「ハルカス300」で初となるヨガイベント。 インストラクターによるヨガレッスンを各回30名様限定で体験できます。地上約300mから広がる爽やかな朝の景色を望みながらのヨガで心身ともにリフレッシュ!レッスン後の朝食として、低糖質でヘルシーな「ひよこ豆のフムスと野菜のジャーサラダ」が用意されています。

詳細はこちら

●あべのハルカス近鉄本店

「あべのハルカス」のB2F~14F部分にあり、日本最大の営業面積を持つ百貨店としてオープン。ファッションや雑貨、インテリアをはじめ、子ども服や育児用品などが充実する「kodomoの街」などがそろいます。また、関西最大級の売り場面積を誇るデパ地下は、関西で話題のショップがそろい、自分用はもちろん大阪のお土産探しにもおすすめ。日本最大級のレストラン街も充実しています。

INFORMATION

あべのハルカス近鉄本店

あべのハルカスB2F〜14F 
Tel. 06-6624-1111(代表)
[時] B2F ~3.5Fは10:00〜20:30、4F~11Fは10:00〜20:00
[休]不定休

あべのハルカス近鉄本店公式サイトはこちら

ABENO ZAKKA TOWN
2019年 5月29日(水) ~ 6月4日(火)

暮らしを彩る雑貨たちが大集合。使われていないモノや素材に新たな価値をつけて再生・再利用した「アップサイクル雑貨」のかわいいアイテムが集結。また、「クリエイター雑貨」ではユニークでインパクト◎なモノから手仕事のぬくもりあふれる品までそろい、デスクまわりをアップデートしてくれる「オトメ文具 マルシェ」も。期間中、ワークショップも開催され、雑貨づくりにチャレンジできます!

[会場]ウイング館9F催会場 
[時間]10:00〜20:00 ※最終日17:00閉場
※ワークショップの日時など詳細はあべのハルカス近鉄本店公式サイトをご確認ください。

百貨店のココに注目!
 話題のスイーツショップ2店が5月24日(金)よりオープン 

全国初登場!「ボン シャペリー」

全国初登場のブランド「 Bon Chaperai(ボン シャペリー)」は、桃や栗など季節の果物を使用した洋菓子ブランド。写真は、北海道産マスカルポーネチーズを使用した生地にピーチシロップをしみ込ませ、ピーチ味のフィリングを絞り、丁寧に焼き上げた「ピーチーズ」。焼菓子を中心に、素材の繊細な味わいが愉しめるお菓子がそろいます。

百貨店初登場!「ビスポッケ」

2019年4月、神戸に誕生した“素材にこだわる”洋菓子ブランド「BISPOCKE(ビスポッケ)」。百貨店初登場となる2号店がオープンします。ミルク本来の味わいが楽しめる生クリームと、口の中でとろけるビスケット生地が新食感の「海のエクレア」と、カスタードクリームをサンドし、ベルギー産チョコレートの上に木の実をまとった香ばしい味わいの「山のエクレア」は必食!

●大阪マリオット都ホテル

ラグジュアリーな国際的都市型ホテルのレストランで優雅な時間を。あべのハルカス57F、約270mの高さに位置するレストランZKでは、欧風料理・日本料理、目の前で新鮮素材を調理する鉄板焼を愉しめます。テーブル席では、欧風料理と日本料理のオーダーが可能で、2人で違うものをチョイスしシェアし合うこともできます。

INFORMATION

大阪マリオット都ホテル レストランZK

あべのハルカス57F
Tel. 0120-611-147(携帯・PHS 06-6628-6187)
[時]ランチ11:30~15:00 ディナー 17:00~21:00
[料]ランチ3,800円~(土日祝5,300円~) ディナー 9,000円~

大阪マリオット都ホテル公式サイトはこちら

高知県フェア
2019 年5月7日(火)~ 6月30日(日)

レストランZKでは、高知県フェアを6月末まで開催。高知県岡崎農園のフルーティな“トマト”、一本釣りで獲れた“カツオ”、“うるめ鰯”や“土佐はちきん地鶏”など高知県産の山海の豊富な食材を使ったメニューが堪能できます。欧風料理では、軽くスモークしたもち鰹と甘くてフルーティなトマトが爽やかな前菜や、生しらすをたっぷり使ったタリオリーニを。日本料理では鰯のつみれや、うつぼの薄造り、金目鯛の山椒焼きなど高知県の逸品がそろうコース料理が愉しめます。また、令和ラベルの「酔鯨 純米吟醸 吟麗」など高知県産の銘柄もそろいます。お料理とのマリアージュをぜひ。

[時]ディナー 17:00 ~ 21:00
[料]<欧風料理>スペシャリテ ~高知県~ ¥15,000 <日本料理>旬彩 ~高知県~ ¥15,000

●天王寺公園エントランスエリア「てんしば」

あべのハルカスのすぐそばにあり、都会のオアシスとして親しまれています。広々とした芝生広場をはじめ、お洒落なライフスタイルショップ、レストラン、産直市場、カフェ、コンビニなどがそろい、さまざまなイベントも行われています。

INFORMATION

天王寺公園エントランスエリア「てんしば」

大阪市天王寺区茶臼山町5-55 
Tel. 06-6773-0860(9:00~17:00)
[時]7:00〜22:00(施設・店舗により異なる)
[料]入園無料
[アクセス]大阪メトロ御堂筋線・谷町線「天王寺」駅、JR「天王寺」駅、近鉄「大阪阿部野橋」駅、阪堺上町線「天王寺駅前」駅、各駅から徒歩すぐ

てんしば公式サイトはこちら