あべのハルカスの最新情報をお届け!

大阪の観光名所として、すっかりおなじみのスポットとなった日本一高いビル「あべのハルカス」。2018年には開業5年目を迎え、3月に日本初のスリル体験アトラクション「EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)」がオープンしました。今回は、「あべのハルカス」で楽しめるゴールデンウィークの最新情報などをご紹介します。


まずは「あべのハルカス美術館」で2018年に行われる展覧会をご紹介!

あべのハルカス16階にある「あべのハルカス美術館」では、多彩なジャンルの展覧会が行われ、人気を博しています。近鉄「大阪阿部野橋」駅直上というアクセスの便利な立地に加え、平日は夜8時まで開館しており、仕事や学校、買い物のあとに立ち寄れる利便性の高さも人気の秘訣です。

「浮世美人寄花 路考娘 瞿麦」(うきよびじんはなによす ろこうむすめ なでしこ)
明和6年(1769)頃 中判錦絵 ボストン美術館蔵
Photograph © Museum of Fine Arts, Boston

ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信
2018年4月24日(火)~6月24日(日)

錦絵創始期の第一人者として知られる鈴木春信。その作品の大半が海外にあり、国内で展覧会を行うのが困難な浮世絵師といわれています。希少な浮世絵を数多く有するボストン美術館は、春信の作品を600点以上も所蔵し、そのコレクションは世界最高との声も。本展では、春信の代表作の数々を含む、選りすぐりの作品150点を通じて、春信の魅力がたっぷりと堪能できます。

学芸員が語る展覧会の見どころ!
春信の作品は残存数が極めて少なく、本展の出品作の中には、世界で1~2枚しか確認されていない作品も含まれています。また、出品作の約8割が、ボストン美術館に収蔵されて以来、初の里帰りとなります。この機会をお見逃しなく!

[時]火~金曜10:00~20:00、月曜・土日祝 10:00~18:00
※入館は閉館30分前まで
[休]5月7日(月)、14日(月)、21日(月)、28日(月)
[料]一般1,300円 大学・高校生900円 中学・小学生500円

グラフィティネイチャー – 山と谷

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地
2018年7月13日(金)~9月2日(日)

夏休みにお子さんと一緒に楽しみたい、創造性を培う新感覚の体験アートイベント。チームラボは、デジタル領域のさまざまな分野のスペシャリストで構成するウルトラテクノロジスト集団です。チームラボによる最先端のデジタルアート展は、国内外の累計来場者数が500万人を達成し、世界中で注目を集めています。本イベントは、共同的で創造的な人間になることをテーマにした教育的なプロジェクトとなっています。

[時] 10:00~20:00(予定)
※入館は原則閉館30分前まで。ただし、会場の混雑状況により変更あり
[休] 7月23日(月)、30日(月)、8月6日(月)
[料]一般1,400円 中学・高校生1,000円 子ども600円

万博会場に屹立する《太陽の塔》1970年

太陽の塔
2018年9月15日(土)~ 11月4日(日)

日本万国博覧会のテーマ館の一部として岡本太郎氏が作り上げた「太陽の塔」の内部公開が2018年3月から始まりました。本展では、「太郎氏が問いかけたものの根源とは?」「塔が内包するものとは?」といった構想段階から完成、さらには再生事業に至るまでの足跡をたどります。関連作品や精巧な模型、映像や音響など多彩なメディアを活用して、太郎氏の感性を大きなスケールで楽しむことができます。

学芸員が語る展覧会の見どころ!
「芸術は爆発だ」の岡本太郎氏が1970年の大阪万博で打ち立てた《太陽の塔》。本展では、太郎氏の言葉や記録、関連作品からその正体に迫ります。過去の改修工事で塔から降ろされた初代《黄金の顔》を出品予定。果たして直径約11mの顔は展示室に入るのか!?結果は見てのお楽しみです。

[時]火~金 / 10:00~20:00 月土日祝 / 10:00~18:00
※入館は閉館30分前まで
[休]9月18日(火)
[料]未定

《相対性》1953年
All M.C. Escher works copyright © The M.C. Escher Company B.V. – Baarn – Holland. All rights reserved. www.mcescher.com

生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展
2018年11月16日(金)~ 2019年1月14日(祝・月)

奇想の版画家として世界中の人々を魅了し続けているマウリッツ・コルネリス・エッシャ-(1898-1972)。まるでコンピュータで作ったかのようにも見える緻密で“ミラクル”な作風は、さまざまな分野の専門家やクリエイターに影響を与えています。本展では、世界最大級のエッシャー・コレクションを有するイスラエル博物館の所蔵品から、代表的な“だまし絵”作品をはじめ、すべて日本初公開となる約150点が展示されます。

[時]火~金 / 10:00~20:00 月土日祝 / 10:00~18:00
※入館は閉館30分前まで
[休] 11月19日(月)、26日(月)、12月3日(月)、10日(月)、17日(月)、31日(月)、2019年1月1日(火)、7日(月)
[料]未定

INFORMATION

あべのハルカス美術館

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
Tel.06-4399-9050
<最寄り駅>
近鉄「大阪阿部野橋」駅 西改札
JR「天王寺」駅 中央改札
地下鉄御堂筋線「天王寺」駅 西改札
地下鉄谷町線「天王寺」駅 南西/南東改札
阪堺上町線「天王寺駅前」駅 よりすぐ

あべのハルカス美術館公式サイトはこちら


展望台やラグジュアリーホテル、百貨店などでも多彩なイベントを開催!

日本初の「断崖絶壁スリル体験」が楽しめる展望台をはじめ、毎年大人気の「大北海道展」が行われる百貨店、美食や絶品スイーツが味わえるラグジュアリーホテルなど、「あべのハルカス」には休日の多彩な楽しみ方があります。各施設の見どころとゴールデンウィークに行われるイベント・フェアなどをご紹介していきます。

●ハルカス300(展望台)

あべのハルカス58〜60階の三層構造となっている開放感抜群の展望台です。天候がよい日には、大阪市内をはじめ、京都から六甲山系、淡路島などが一望できます。昼・夕方・夜と時間帯によって眺望の雰囲気ががらりと変わるため、それぞれの時間帯で楽しんでみてはいかがでしょうか。地上300mに位置するヘリポートにのぼることができるツアー(別途500円)もぜひ。

INFORMATION

ハルカス300

あべのハルカス58~60F 
Tel. 06-6621-0300
[時]9:00~22:00 ※当日券販売は8:50~21:30 [休]無休
[料]大人1,500円 中高生1,200円 小学生700円 幼児(4歳以上)500円 ※日時指定券はプラス500円

ハルカス300公式サイトはこちら

あべのハルカスのビアガーデン Beer300
2018年 4月28日(土) ~ 10月28日(日)

展望台「ハルカス300」で毎年人気のビアガーデンが今年もオープン。「バーベキューメニュー」では、厚切りの「牛ハラミ肉」やビールに合う「旨辛チキン」などを中心に、バラエティ豊かな食材が楽しめます。また、ドリンクメニューは“SNS映え”するトロピカルカクテルなども用意。地上300mの絶景と抜群の開放感を楽しむ、ちょっと贅沢なバーベキューを満喫することができます。

[時]平日15:00〜22:00 土日祝11:30〜22:00 5/1、2、7/21〜8/26は平日も11:30〜22:00 ※いずれも21:30L.O
[料] バーベキューメニュー5,800円、バーベキュー食べ放題メニュー6,800円 ※ハルカス300入場料金込み(2時間制)
※営業時間は予告なく変更することがあります。
※雨天でも営業しますが、予告なく営業を中止することがあります。
※お車を運転される方や未成年者の方には、アルコールの提供はいたしません。

展望台のココに注目!日本初のスリル体験アトラクション「EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)」

「EDGE THE HARUKAS」は、地上300mに位置するビルの最も高い部分に設けられたデッキの上を歩くスリル満点のアトラクション。命綱を装着し、幅約60㎝、長さ20mのデッキを歩きながら、さえぎるものが何もない360度の大パノラマと、眼下に広がる街並みを全身で体感することができます。

[時] 10:00~18:00  [料] 1,000円(記念写真1枚・写真データ含む) 、別途展望台入場料が必要
※状況により受付時間が早まる場合があります。※日程により営業を休止する場合があり、参加条件や申込み方法などの詳細は公式サイトをご確認ください。

EDGE THE HARUKAS公式サイトはこちら

●あべのハルカス近鉄本店

日本最大の営業面積を持つ百貨店としてオープンした「あべのハルカス」の中核施設。ファッションや雑貨、インテリアをはじめ、子ども服や育児用品などが充実する「kodomoの街」、日本最大級のレストラン街などがそろいます。また、3フロアにわたって広がるデパ地下は、関西最大級の売り場面積を持ち、スイーツやお惣菜、和洋酒など豊富な品揃えが魅力です。

あべのハルカス近鉄本店 デパ地下グルメガイド2017はこちら

INFORMATION

あべのハルカス近鉄本店

あべのハルカスB2F〜14F 
Tel. 06-6624-1111(代表)
[時]10:00〜20:00(B2F~3Fとウイング館B2F・2〜3.5Fは20:30まで)、 12・13・14Fレストラン街は11:00〜23:00、タワー館B2F「あべの市場食堂」は10:00〜22:00 ※一部営業時間が異なる場合があります。

あべのハルカス近鉄本店公式サイトはこちら

大北海道展
2018年 4月25日(水) ~ 5月8日(火)

毎年大好評の催事が今年も行われます。2018 年は「北海道」と命名されてちょうど150 年。名付け親とされる松浦武四郎が蝦夷地(北海道)探査で歩いたといわれるルートを、各地の名産品とともに巡ります。第1週と第2週でメニューが入れ替わり、第1週では小樽ラーメン初代の特製味噌ラーメンなどが、第2週では人気焼肉店のローストビーフ丼などがそれぞれ楽しめます。

第1週:4月25 日(水)~5月1日(火)
第2週:5月2日(水)~5月8日(火)
[会場]ウイング館9F催会場
[時間] 10:00〜20:00
※5月1日(火)は19:00 閉場、8日(火)は17:00 閉場

●大阪マリオット都ホテル

休日のおでかけで訪れた際には、開放的なブッフェレストラン「COOKA」(クーカ)でのランチがおすすめ。明るくポップでカジュアルな雰囲気に加えて、オープンキッチンでシェフたちが目の前で調理するなど、音や香りも楽しめるレストランです。できたてメニューのほかに、パティシエこだわりのグラスデザートも食べ放題。また、多彩なフレーバーが楽しめるジェラートも好評です。

INFORMATION

大阪マリオット都ホテル

あべのハルカス19F ライブキッチン「COOKA」(クーカ)
レストラン予約 0120-611-147(携帯・PHS 06-6628-6187)
[時]昼食11:30~15:00 ※土日祝は2部制11:30~13:00/13:30~15:00 、夕食17:00~22:00(L.O21:30)※2部制17:00〜19:00/19:30〜22:00(土曜:2部制、日曜祝日:内側のお席は2時間制・窓側のお席は2部制) ※4/29・30、5/3〜6のディナーは2部制[料]ランチ大人3,300円〜・中高生3,300円~・子ども1,600円〜・幼児800円(4歳以上)、ディナー大人5,800円〜・中高生4,600円〜・子ども2,800円〜・幼児1,200円(4歳以上)
ランチアルコールフリープラン1名様2,000円(90分制)
※20歳以上のお客様対象、グループ単位でのお申し込みが必要です。

大阪マリオット都ホテル公式サイトはこちら

イタリアンブッフェ ~チーズとのおいしい関係~
~2018年 4月30日(振休・月)

“美食の国”イタリアより、食材の魅力を最大限に活かした料理が集合!中でも、焼きたてのとろ~りチーズが楽しめる「ピザ」をはじめ、大きなチーズ樽で仕上げる「グラナパダーノ樽のシーザーサラダ」など、チーズメニューがおすすめです。また、できたてがうれしい「ローストビーフ」や「豚肉のロースト アンチョビ風味」などのライブキッチンメニューも味わって!

シェフズセレクトブッフェ
2018年 5月1日(火) ~ 6月30日(土)

COOKAシェフ 谷詰和隆さんが厳選したメニューがずらり!「アスパラガスと明日葉を包んだ鶏肉のガランティーヌ」や「ホワイトアスパラガスのポタージュスープ」など、こだわりの逸品が勢揃いします。また、世界各国のマリオットから選りすぐりのメニューも!シェフが目の前で仕上げるライブキッチンでは、「豚肉のロースト 黒七味ソルト」やロティサリーで焼き上げる「タンドリーチキンと焼きとうもろこし」など、アツアツメニューも楽しむことができます。

大阪マリオット都ホテルのココに注目!「ホテルメイドのスイーツをお土産に」

M-Boutique [時]10:00~20:00

ラグジュアリーホテルならではの美食を提供する大阪マリオット都ホテル。スイーツを手がけるペストリー料理長の赤崎哲朗さんは、洋菓子の世界大会で銀メダルを獲得した経歴を持ち、数々の絶品スイーツを提供しています。ホテル内のリテールショップでは、カスタードクリームがたっぷり詰まった「シュー ア ラ クレーム」や「パウンドケーキ」などが揃い、お土産にも人気です。

私福の時間掲載記事はこちら

M-Boutique [時]10:00~20:00

●天王寺公園エントランスエリア「てんしば」

2016年度グッドデザイン賞金賞に輝いた天王寺公園のエントランスエリア「てんしば」。あべのハルカスのすぐそばにあり、こちらにもぜひ立ち寄ってみましょう。エリア内には、広々とした芝生広場をはじめ、お洒落なライフスタイルショップ、レストラン、カフェ、コンビニなどがそろうほか、地元大阪産の新鮮で安心な農産物などを販売する「産直市場よってって」も。また、さまざまなイベントも行われています。

INFORMATION

天王寺公園エントランスエリア「てんしば」

大阪市天王寺区茶臼山町5-55 
Tel:06-6773-0860(9:00~17:00)
[開園時間]7:00〜22:00(一部24時間営業)[料]入園無料
※お店の営業時間は各店舗により異なります。
[アクセス]地下鉄御堂筋線・谷町線「天王寺」駅、JR「天王寺」駅、近鉄「大阪阿部野橋」駅、阪堺上町線「天王寺駅前」駅、各駅から徒歩すぐ

てんしば公式サイトはこちら

第21回関西アカペラジャンボリー(KAJa!2018)
2018年 5月12日(土)※順延なし

日本最大級の規模を誇るアカペラストリートイベント。全国各地から選抜された14組と高校生2組のアマチュアアカペラグループが出演します。ゲストとして、 相川七瀬、Permanent Fish、ダイナマイトしゃかりきサ~カス、Cooley High Harmonyの4組が登場!! 初夏の天王寺公園に歌声が響き渡ります。

[時]12:00〜18:30 [料]観覧無料
主催:第21回関西アカペラジャンボリー実行委員会
共催:Welcomingアベノ・天王寺キャンペーン事務局

詳細はこちら

てんしば てらこや
2018年 5月19日(土) ~ 5月20日(日)

さまざまな日本文化を発信するイベント。てんしば内で和楽器や和太鼓の演奏が行われるほか、和の遊びも体験できます。また、茶道・和装ゾーンや屋台なども設けられ、 「和」をテーマにした催しが存分に愉しめます。

[時]11:00〜18:00 [料]観覧無料
主催:近鉄不動産
協力:近鉄造園土木、近鉄百貨店、ハルカス大学