STRUCTURE

  • 杭基礎概念図

    杭基礎

    強固な杭を固い支持地盤に打ち込むことでしっかりと建物を支える杭基礎構造を採用しました。

    ※パークステージ32本、エアリーステージ31本

  • コンクリート構成比概念図

    水セメント比を50%以下に抑えたコンクリート

    建物の構造躯体には、水セメント比を抑えたコンクリートを採用。水の量が少ないほど強度が高く中性化しにくくなり、耐久性が向上します。水セメント比を50%以下に抑え、劣化の軽減を図っています。

  • 配筋概念図

    ダブル配筋

    上部構造躯体の床や壁には、鉄筋を二重に組み上げるダブル配筋を採用。シングル配筋に比べ、高い強度と耐久性をもたらします。

  • 高い強度のコンクリート

    基礎と上部駆体のコンクリートの設計基準強度を30〜36N/m㎡に規定。1㎡で約3,000〜3,600tもの圧縮に耐える高い強度を備えます。

    ※N/m㎡(ニュートン)=コンクリートの強度の単位:1N/m㎡=約10kg/1c㎡のことで、1c㎡に約10kgの力が加わっても壊れない強度のこと。数値が大きいほど耐久年数が長くなります。

  • 二重天井・二重床概念図

    二重天井・二重床

    床とスラブの間、また天井との間に空間を設ける二重床・二重天井構造を採用。二重床は、約200~250mmのスラブの上にクッションゴムの付いた防音脚で床材を支持する構造とし、遮音性にも配慮しました。

    ※一部除く ※水回りの床は在来となります

  • 戸境壁概念図

    快適性・遮音性に配慮した外壁・戸境壁

    妻面の外壁は約180mmを確保。耐久性と同時に遮音性を高めています。戸境壁はコンクリート厚約180mmを確保。隣接する住戸からの生活音の遮音に配慮した構造です。

    ※一部除く

  • マンションの性能を評価する「住宅性能評価」

    国土交通大臣指定の第三者機関「指定住宅性能評価機関」が品質・性能を客観的に評価する「住宅性能表示制度」を導入しました。公正な評価のもと「設計性能評価書」を取得。竣工後には「建設性能評価書」も取得予定です。

SECURITY

  • トリプルセキュリティ概念図

    トリプルセキュリティ

    防犯カメラによる24時間監視をはじめ、エントランスから全戸住戸内にかけて複数のセキュリティラインを設定。さらに、ピッキング対策に有効な防犯性の高いシリンダーの採用など、先進のシステムを導入しました。

  • 参考写真

    防犯カメラ

    建物内の要所には防犯カメラを設置し、様々な角度から24時間住まいの安心を見守ります。

    ※管理組合によるリース。(予定)

  • 住戸前カメラ付インターホン

    住戸前のインターホンにもカメラを設置。再度音声と画像で確認できる安心の仕様です。自動録画機能も搭載。

  • 24時間セキュリティシステム

    24時間365日体制で居住者を見守るセコムのセキュリティシステムを採用。火災やエレベーター等共用部のトラブルなど、万一の際にはセコムの隊員がスピーディに対応します。

  • イメージ図

    防犯性の高いシリンダー

    1,000億通りのカギ違い数があり、シリンダー内のプロテクターによりドリリングに強い構造です。アンチピッキング採用で解錠が困難なシリンダーを採用しました。

  • 防犯センサー(玄関ドア・窓)

    住戸内の玄関と窓に防犯センサーを設置。異常を感知すると、住戸内のタッチパネル式インターホンから警報が鳴り、警備会社へ自動通報します。

    ※ルーバー面格子窓・FIX窓は除く

  • スイッチ式サムターン

    スイッチをつまんで回すことで解錠される防犯サムターンを採用。住戸内側の施錠つまみを回して侵入するサムターン回しによる侵入を困難にします。

  • ダブルロック

    上下2ヵ所に錠を設置したダブルロックとし、二重の施錠により、防犯性を高めています。

  • 鎌デッド錠

    デッドボルトの鎌部が枠に引っ掛かることで、バールなどによる玄関ドアのこじ開けを困難にします。

  • 概念図

    耐震枠付玄関ドア

    大きな地震などにより玄関ドアが万が一変形しても、ドアが開けられる設計です。

  • 参考写真

    AED

    心室細動という不整脈による心停止で倒れた場合の早期救命措置として利用できるAEDを設置(リース)。

  • 参考写真

    共用防災備品

    大規模な自然災害の発生など、万一の場合に備え、マンション内に共用防災備品を設置しています。

  • 断熱等性能等級4(最高等級)

    設計住宅性能評価の外壁・窓等を通しての熱の損失の防止を図るための断熱化等による対策において、4段階評価のうち最高ランクである「等級4」を取得しました。

※掲載の写真は、モデルルーム(パークステージ・Gタイプ・7Fを再現したものですが、一部再現を出来ていない部分がございます。) を、2021年8月に撮影したもので一部有償オプションが含まれております。オプション等のお申込みには期限がございます。家具・調度品類等は販売価格に含まれておりません。予めご了承ください。

  • 電話
  • 物件概要
  • 物件エントリー
  • 来場予約