三世代座談会

トレーナー・新入社員が互いに刺激し合い、
ともに成長できる社風。

MEMBER

<所長>

ハウジング事業本部 仲介事業部
奈良エリア担当課長 学園前営業所長

加地 広明

1996年入社

<トレーナー>

ハウジング事業本部 仲介事業部
学園前営業所 主任

秦野 択実

2015年入社

<新入社員>

ハウジング事業本部 仲介事業部
学園前営業所

藤川 千弥

2020年

01

教育担当者、新入社員ともに成長を
実感できるトレーナー制度。

加地

2人とも、今日は時間を作ってくれてありがとう。秦野くんは今年初めてトレーナーを任されたばかりだけど、不安とかなかった?

秦野

私は不安というよりも、楽しみの方が大きかったですね。

加地

たしかに、お願いをする時は困った顔をするかと思ったけれど、全くそんな素振りもなく、快く引き受けてくれたよね。

藤川

そうだったんですね。秦野さん、ありがとうございます!

秦野

いやいや、お礼なんてやめてよ。(笑)トレーナー自身もすごく成長できる制度だと思っていたので、選ばれた時は嬉しかったですね。後輩に教えるためには、自分がキチンとやるべきことができていないといけないですし、日々、「成長させていただいているな」という感覚が強いです。

加地

たしかに、人に教えることで自分の成長にもつながる、良い制度だよね。藤川さんはまだ入社して間もないけれど、不安とかなかった?

藤川

私は入社当初、不動産に関する知識もなく、社会人としてもわからないことだらけでした。そのため、たくさんの方から指導を受けると、「誰の意見を参考にすればいいのか…」と困ってしまうのではないかと考えていました。しかし、当社のトレーナー制度なら、基本的に一人の先輩から指導を受けることができるので、質問もしやすく、業務も覚えやすかったですね。

加地

それはなにより!秦野くんがしっかりフォローしてくれているんだね。

藤川

はい!いつも私の仕事の状況を把握してくださっているので、私も安心して働くことができています。

02

全員で支え合い、人間力を
高めていける環境がある。

加地

秦野くんはトレーナーとしてどんなことを意識して藤川さんに接しているの?

秦野

私も入社当初は、その時の所長や上司の方々に丁寧にサポートしていただきました。その時のことを思い出しながら、業務内容はもちろん、「社会人としての考え方がしっかり身に付くように」と意識して、接するようにしています。また、当社の仕事では、今まで出会ったことのない年齢幅・職種・事情をお持ちの方とお話することも多いので、常に相手への興味・関心を持てる人に成長してほしいと考えて指導しています。

藤川

秦野さんにご指導いただいたおかげで、入社してからは相手への伝わり方を意識して話すようになりました。思いついたことをすぐに口に出すのではなく、一度整理してから、ゆっくり、順序立てて話す癖が身についてきて、少しずつ成長できている実感があります。

加地

本当に、よく頑張ってくれていると思うよ。最近はちょっとしたイレギュラーにも、うまく対応できるようにもなってきたよね。

藤川

本当ですか!ありがとうございます。最近は時間の使い方も意識して仕事に取り組んでいます。

秦野

それも社会人として大切なことだよね。毎週一緒に仕事のスケジュールを立てているのですが、最近は一人で任せる場面も増え、同時に複数の物件に携われるようにもなってきたよね。これからはもっと任されることも増えていくから、指示待ちにならないで、自分なりの意見もどんどん発信してほしいな。

藤川

秦野さんのお言葉に甘えてどんどんお声がけさせていただきます!秦野さんだけでなく、当社の先輩方は優しく、気さくな方ばかりなので、誰とでも話しやすい雰囲気があることも、入社してから感じた魅力の一つですね。

加地

それは嬉しい意見だね。たしかに当社では昔から、「自分の仕事だけして稼ぐ」という利己的な人ではなく、「後輩に聞かれたことは丁寧に教える」、「営業所全体のことを考える」という利他的な人が活躍しているね。そういう人だからこそ、お客様に対してもお客様の立場に立った営業活動ができるし、認められて、人間的に成長していける職場なんだと思うよ。

秦野

たしかにおっしゃる通りですね。私は中途採用で、他にも何社か務めてきましたが、ここまで後輩に丁寧に仕事を教える制度があり、またそれが全社員に根付いている会社は初めてです。皆さん、「協力しよう!」という意識が高いですよね。それに、「成長したい!」という意識が高い方ばかりです!

加地

そうだね。人と人との繋がりを大切にして、全員が同じベクトルに向かい、成長していける。そんな社風が根付いているよね。2人には若いうちに先輩たちから教えてもらったことをいつまでも忘れず、仕事に活かして成長してほしいな。

秦野

もちろんです!これからも精一杯頑張ります!

藤川

まだまだ課題ばかりですが、これからもよろしくお願いします!

03

広い視野を持ち、
自分たちの可能性を広げていく。

藤川

「みんなで成長していこう!」というお話がありましたが、当社で成長を続けるためにはどんな思考・姿勢が大切だと思われますか。

秦野

お!いい質問ですね。私が大切だと思うのは、適応力です。私たちが取り組む不動産仲介という仕事は、一人で仕事を進めることができません。売主様・買主様の思いを明確にし、その想いを理解したうえで行動できる力を持つことが求められていると感じます。

加地

やっぱり、売主様・買主様ともに自分の大切な財産を任せるわけだから、「人」を見て判断されるケースが多いよね。「この人なら…」と、安心してお任せいただくには、「人間力」が欠かせないと思います。

秦野

そうですよね。お客様から、「君に任せるよ。」と言っていただくにはどうすればいいか考え、行動していくうちに、知識・スキルが磨かれていくように思います。藤川さんは、入社してから何か気づいたことはありましたか?

藤川

えー、逆質問ですか!?1年目の私には難しいですが、とにかく私にできることは目の前の課題を次々に解決し続けることしかないと思っています。くわえて、社内の皆さんと情報共有を行うこと…ですね。

加地

情報共有、たしかにすごく大切だよね。「こんな物件がありますよ!」と社内で発信していると、他の社員が話を聞いたときにすぐにお客様へご提案することができるし、自分が物件を探している時は、他の社員の意見を参考にすると思いもよらぬ物件に出会えることも。一人の視野より二人の視野。これがどんどん広がって強固なチームワークが生まれ、お客様に信頼される今の近鉄不動産があるのだと思います。

藤川

私も、店舗の皆さんはもちろん、他店舗で働く同期とも定期的に連絡をとり、仕事の進め方やお客様との関わり方など、幅広い意見を取り入れるようにしています。

加地

いい心がけだね。横のつながりが強いのも、当社の自慢だよ。それじゃあ最後に、2人に今後の目標を聞いておこうかな。

秦野

私は、もっともっと自分の可能性を広げていきたいですね。目の前にある成績や評価も大事にしながら、3年・5年・10年先の自分を想定し、知識とスキルを磨いていきたいです。あとは、加地所長、藤川さんも話していたように、チームプレーの気持ちを忘れず、周囲の手助けができる、そして、周囲から頼られる社員を目指します。

藤川

私はまだ1年目ということもあり、とにかく勉強の日々。先輩方から教えていただいたことをしっかりと自分のものにし、この会社で立派な社会人に、そして、活躍できる人材に成長したいです。

加地

2人とも、熱い想いをありがとう。私も、2人のような若手の成長が会社の成長につながると確信しているので、皆さんの成長を精一杯あと押ししていきます。充実した研修体制に加え、社内の雰囲気のよさ、チームプレーの精神など、当社には本当に成長できる環境が整っています。秦野くん、藤川さんの2人はもちろん、これからご入社される皆さんにも、ぜひ当社のフィールドを活用し、確かな人間力を持った不動産のプロフェッショナルへ成長していただけることを期待しています!