What’s ? Kawaramachi 職住近接の便利さも、日々の愉しみもそろう
本町・淀屋橋・靱公園界隈が暮らしの舞台。

本町・淀屋橋のオフィス街に位置し、職住近接の暮らしが叶う大阪市中央区瓦町。最寄りのOsaka Metro御堂筋線「本町」駅から乗り換えなしで梅田へ4分、新大阪へ11分、なんばへ3分、さらにOsaka Metro中央線も利用でき、大阪市内主要部へスムーズにアクセスできます。付近には、隠れ家的なショップやレストランが点在するほか、瓦町の西隣には、都心のオアシス「靱公園」も。単なる職住近接だけではない、オフィス街で見つけた暮らしの愉しみをご紹介します。

瓦町周辺マップ

靱公園

瓦町周辺マップ

靱公園


船場界隈のレトロビルへ。
個性的なショップを巡って

三休橋筋

瓦町がある船場界隈には、華やかな「大大阪時代」の面影を今に残すレトロ建築が点在しています。レトロなビルの一室には、様々なショップが入居。レトロ建築を巡り、隠れ家的な趣のショップを見つけ、それぞれの個性を愉しむ。オフィス街とはまた違った、この街の表情を感じることができます。

芝川ビル

昭和2年(1927)に竣工した、地上4階・地下1階の鉄筋コンクリート造のビル。火災に強い建物を望んだ芝川又四郎氏により、耐震・耐火性にこだわって建てられ、建物内で見られる南米マヤ・インカの装飾も印象的です。レストランやチョコレート専門店、セレクトショップなどが入居し、夏は屋上のモダンテラスでビアガーデンも開催されています。

大阪市中央区伏見町3-3-3

芝川ビル 公式サイトはこちら

TIKAL by Broadhurst’s
(ティカール バイ ブロードハースト)

芝川ビルの103号室、マヤ・インカの装飾が独特の雰囲気を醸すお洒落なチョコレート専門店。玉造の人気パティスリー「Broadhurst’s」のイギリス人パティシエが作る、こだわりのチョコレートの世界が広がります。ショーケースにずらりと並ぶのは、シングルビーンズのボンボンショコラ。単一品種のカカオのみで作るもので、カカオの個性が楽しめるのが魅力。ギネスビールやスパイスと合わせた英国らしいチョコレートや、チョコレートケーキ、ショートブレッドなどもそろいます。

大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビル103
Tel. 06-6232-0144

[時]11:30~19:00(土日祝は18:00まで)
[休]月曜 [料]ボンボンショコラ290円~、チョコレートケーキ450円~

TIKAL by Broadhurst’s公式サイトはこちら

RICORDO(リカルド)

辻野剛さんが主宰する吹きガラス工房「fresco」の直営セレクトショップ。店名はイタリア語で「記憶」。歴史ある芝川ビルの雰囲気に似合う、人の記憶に触れ、記憶に残っていくアイテムを扱っています。独特のムラ感で日本の風土を表現した「kasumiシリーズ」の器など、frescoのハンドメイドガラス作品を中心に、作家やデザイナーが手がける陶磁器やアクセサリー、フレグランス、布ものなどをセレクト。使うほどに愛着を増す品々がそろい、洗練された世界観を発信しています。

大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビル201
Tel. 06-6210-3959

[時]12:00~19:00 [休]月・火曜、ほかに不定休あり[料]kasumiシリーズの小プレート・小ボウル各4,104円、コンテックスのタオル864円~

RICORDO公式サイトはこちら

船場ビルディング

大正14年(1925)に、オフィスと住宅を併せ持った革新的なビルとして竣工。建物に入ると、目の前にパティオ風中庭が見え、異国や昔にトリップした感覚に。この中庭は、荷馬車などを引き込むために設計されたもので、船場ビルディングの独自性を物語っています。4階には靴磨き専門店やブックギャラリーが入居。館内見学には事前連絡が必要です。

大阪市中央区淡路町2-5-8

船場ビルディング公式サイトはこちら

撮影協力:桃谷順天館グループ 船場ビルディング

THE WAY THINGS GO
(ザ ウェイ シングス ゴー)

関西初のカウンター式靴磨き専門店。靴が仕上がるまでのひととき、店内の雰囲気や会話とともにその過程を楽しんでほしいと、2015年にオープン。店内はシックで大人の雰囲気が漂います。その場磨きでは、鏡のように靴を磨き上げる鏡面磨きを40分~1時間ほど実施。クリームは化粧品会社と開発された特製、ブラシも職人が1本1本手植えするオリジナルで、購入もOK。靴磨きは預かりサービスもあり、靴の修理や補修、染め変えなどにも対応しています。その場磨きは前日までに予約を。

大阪市中央区淡路町2-5-8 船場ビルディング415
Tel. 06-6203-0551

[時]11:00~20:00(日祝は18:30まで) [休]不定休(公式サイトに記載) [料]シューズその場磨き4,320円、預かり磨き(1週間の場合)3,024円

THE WAY THINGS GO公式サイトはこちら

& Do’s Niko(アンド ドゥーズ ニコ)

こだわりの本や本に関するモノ、手作り作家の作品を扱うブックギャラリー。アートや建築の本、英語と日本語の組み合わせが素敵な本をはじめ、アンティークやアクセサリー、愛らしい木のオブジェ、ほのぼのした絵のバッジやスタンプなど、店主の好きなものが大集合。室生の蜂蜜や世界の郷土菓子など、こだわりの食品も人気です。月に2~3回開催する作家の個展のほか、寄せ植えやテラリウム、アクセサリー作り、製本、ヨガなど多彩なワークショップも開いています。

大阪市中央区淡路町2-5-8 船場ビルディング414
Tel. 06-6226-8746

[時]12:30~18:30(個展開催時は13:00から) [休]不定休 [料]本500円~、木のオブジェ1,500円前後~

& Do’s Niko公式サイトはこちら

今橋ビルヂング[旧大阪市中央消防署今橋出張所]

大正14年(1925)に竣工した元消防署の建物です。 現在は、3階建て鉄筋コンクリート造が一棟そのままレストランに。レトロな雰囲気の中で、本格イタリアンが愉しめます。

ANTICA OSTERIA Dal POMPIERE
(アンティカ オステリア ダル ポンピエーレ)

消防署だった建物にちなみ、「POMPIERE=消防士」の名をもつオステリア。シェフが毎日市場で仕入れる、明石などの新鮮な魚介を使ったイタリアンが人気です。おすすめは、7~8種の前菜が味わえる「アンティパストの盛り合わせ」。生地がおいしいと評判の石窯焼きナポリピッツァや、ソースがよく絡むピエモンテ州の極細麺タヤリンをはじめ、手打ちパスタがいろいろ楽しめるのも魅力。1階はバール&カウンター席、2階は個室、3階はテーブル席と、多彩なニーズに応えてくれます。

大阪市中央区今橋4-5-19
Tel. 06-4706-1199

[時]11:30~14:00LO、17:30~21:30LO
[休]日曜、祝日は不定休 [料]アンティパストの盛り合わせ1,944円、タヤリン鱧と焼き茄子のソース1,944円、シェフのおすすめコース6,264円

ANTICA OSTERIA Dal POMPIERE
公式サイトはこちら

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2018(イケフェス大阪2018)

[メインイベント期間:10月27日(土)、28日(日)]

船場界隈にあるレトロ建築をはじめ、大阪の名建築が一斉に公開される日本最大級の建築イベント。歴史や文化、市民の暮らしぶりの証として変化・発展しながら、今もなお生き生きとその魅力を物語る「生きた建築」を愉しむことができます。メインイベント期間の前後に、プレイベント・アフターイベントも開催予定。詳細は公式ガイドブック(9月下旬発売)、公式サイトをご覧ください。

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2018公式サイトはこちら


「靱公園」界隈へ。心潤う人気のカフェへ

靱公園

中央区瓦町のすぐ西側には、豊かな緑が広がる靱公園があり、公園を囲むようにして人気のカフェやお洒落なショップが点在しています。都心と思えない、ゆったりとした時間が流れる靱公園界隈を散歩する。そんな休日の過ごし方ができるのも、中央区瓦町の魅力といえます。

靱公園

四つ橋筋からあみだ池筋までの東西約800m、南北約150mの細長い形をした公園。総面積約9.7haの敷地内には、 約170品種3,400株のバラが楽しめるバラ園をはじめ、木もれ日が心地よいケヤキ並木などがあり、都会のオアシスとして親しまれています。また、 4面のテニスコートを備えた靱庭球場や国際大会も行われる靱テニスセンターもあります。

大阪市西区靱本町

靱公園公式サイトはこちら

パンとエスプレッソと 京町堀

東京を中心に関東で大人気のベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」。京町堀店では、平日は「SANDWICH FACTORY」、土日は「UTSUBO FACTORY」としてパンを販売。系列他店にはない生地や具材が魅力です。平日は、分厚い食パンやベーグルでたっぷりの具材を挟んだ多彩なサンドイッチが、エスプレッソと味わえます。土日は、「日本の食パン 名品10選」に選ばれた食パン「ムー」の関東の2倍サイズをはじめ、約50種のパンが勢揃い。表面はカリカリ、中はふわとろの「鉄板フレンチトースト」もイートイン限定で楽しめます。

大阪市西区京町堀1-14-27
Tel. 06-7710-3115

[時]11:00~18:00 [休]木・金曜 [料]食パン「ムー」一斤600円、フルーツサンド580円~、鉄板フレンチトースト(数限定・土日のみ13:00から店頭で受付の上、14:00から提供)850円

パンとエスプレッソと 京町堀公式サイトはこちら

CHASHITSU Japanese Tea&Coffee
(チャシツ)

「もしも千利休が現代にいたならば」をコンセプトに、斬新な茶の楽しみ方を提案する日本茶スタンド。中でも注目は、日本茶×コーヒーをテーマにした創作ドリンクです。特上ほうじ茶とスペシャルティコーヒーを合わせた「ほうじアメリカーノ」や、「抹茶カフェ フラッペティー」など、多彩なドリンクがそろいます。3種の「おはぎバーガー」やパウンドケーキなど、和×洋を軸にした新感覚のスイーツも楽しみ。ほうじ茶の風味とスイーツの甘味のマリアージュを体験できる「特上ほうじセット」もおすすめです。

大阪市西区靱本町1-16-14 ハローライフ1F
Tel. 06-6147-3286

[時]11:00~17:30LO(土日祝日は10:00から) [休]第2火曜
[料]ほうじアメリカーノ450円、おはぎバーガー250円~、特上ほうじセット850円~

CHASHITSU Japanese Tea&Coffee公式サイトはこちら

オフィスだけではない暮らしに必要な施設もそろう

瓦町周辺には、ファッションからグルメまで多彩なジャンルのお店がある淀屋橋odonaをはじめ、 KOHYO淀屋橋店、フレスコミニ御堂筋本町店、ライフ土佐堀店、船場センタービルといったお買い物スポットがあります。また、金融機関が御堂筋沿いに充実し、クリニックも点在。国立国際美術館や中之島フェスティバルタワーのある中之島方面にも手軽に行くことができ、オフィス街でありながら、身近な場所に暮らしに必要な施設も休日の楽しみもそろっています。