ローレルタワー ルネ浜松町

シーショアスクエア完成予想CG

TOWERRESIDENCE

シーショアスクエア
「日の出」と「浜松町」それぞれの駅からのアプローチとして、整然と立ち並ぶ樹々が迎え入れる都会的な広場を計画。

  • タワーデザイン
  • 共用・サービス

退屈なタワーはもういらない。

退屈なタワーはもういらない。 ときめくシーフロントタワー。

目前には海のきらめき、振り返れば都心のまたたき。その価値を味わい尽くすタワーを目指し、コーナーガラスを多用したスタイリッシュなフォルムをデザインし、6Fには海をのぞむラウンジ「BLUE SUITE@Club Lounge」を用意している。ここから、新たなシーフロントタワーが幕を開ける。

外観完成予想CG

外観完成予想CG

立地概念イラスト
  • グッドデザイン賞受賞歴を持つアーキテクトが手掛ける、新たなタワー。

    ローレルコート西葛西(2016年竣工)参考写真

  • [ベイシスデザイン事務所 代表 佐藤基]デザインショップ・アーキテクツを経て2009年BAYSIS DESIGN/ベイシスデザイン事務所を設立。ファサードからインテリアに至るまで、分譲マンションを中心に数多くの住まいのデザインに携わる。2011年、2017年グッドデザイン賞受賞。

湾岸の日々を満喫するために、タワーパーキングと自転車置場を完備。

都心に暮らすメリットのひとつは、思い立った時に好きな場所へとすぐに赴ける機動力。その高いアクセシビリティをサポートするため、敷地内に雨風にさらされないタワーパーキングとサイクルゲートに護られた自転車置場を計画している。駐車場には、電気自動車対応の区画もご用意。さらに歩行者・車・自転車、それぞれの動線を分けて計画することで、通行時の安全性にも配慮している。また、居住者用のレンタサイクルをご用意し、主要施設や都市への気軽なアクセスをサポートする。

総合設計制度によってゆとりを創出した、洗練のランドスケープ。

都心に生まれるタワーだからこそ、求められるのは“ゆとり“や”やすらぎ“というキーワードかもしれない。総合設計制度を活用することにより、住まいはタワーとして空へと延び、その結果足元に豊かなスペースが生まれた。駅からのアプローチとなる広場・シーショアスクエアには、整然と立ち並ぶ木立を計画し、洗練された都市の自然を表現している。さらに敷地の外周にも木々を設え、街に緑のアクセントを添える。都市と海、そして緑が重なる場所から、新たな心地よさが生まれる。

※掲載の完成予想CGは、設計図を基に描き起こしたもので、建物の位置・スケール等は実際とは多少異なります。また、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状・色調・植栽等に変更が生じる場合がございます。周囲の建物等は一部省略してある他、外構・フェンス・電柱等や外構形状の細部、設備機器は表現しておりません。
※掲載の敷地配置図は、計画段階の図面を描き起こしたものであり実際とは異なります。
※タワーパーキング・自転車置場・レンタサイクルのご利用は管理規約に基づきます。
※タワーパーキングに駐車できる車種には制限がございます。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

  • タワーデザイン
  • 共用・サービス