ローレルタワー ルネ浜松町

シーショアスクエア完成予想CG

TOWERRESIDENCE

シーショアスクエア
「日の出」と「浜松町」それぞれの駅からのアプローチとして、整然と立ち並ぶ樹々が迎え入れる都会的な広場を計画。

退屈なタワーはもういらない。 ときめくシーフロントタワー。

目前には海のきらめき、振り返れば都心のまたたき。その価値を味わい尽くすタワーを目指し、コーナーガラスを多用したスタイリッシュなフォルムをデザインし、6Fには海をのぞむラウンジ「BLUE SUITE@Club Lounge」を用意している。ここから、新たなシーフロントタワーが幕を開ける。

外観完成予想CG

外観完成予想CG

「深海」をキーワードに描かれる、新たなタワーとは。

地球の表面の約7割を覆う海のうち、深海に生きる深海魚は、海水魚の中でわずか数%しか存在しないという。広く深い海を、自分の感性のままに生きる、ごく限られた存在―港区×シーフロントというかけがえのない価値を持つタワーにふさわしく、そうした一握りの方々の感性に響くタワーを追求すること。それがデザインの出発点だった。「DEEP-CITY AQUARIUM」港区がまだ知らない、新たなタワーの世界を拓く。

  • グッドデザイン賞受賞歴を持つアーキテクトの挑戦

    ローレルコート西葛西(2016年竣工)参考写真

  • [ベイシスデザイン事務所 代表 佐藤基]デザインショップ・アーキテクツを経て2009年BAYSIS DESIGN ベイシスデザイン事務所を設立。外観からインテリアに至るまで、分譲マンションを中心に数多くの住まいのデザインに携わる。2011年、2017年グッドデザイン賞受賞。

Blue Suite @Club Lounge完成予想CG

[Original Light]ラウンジの中央を飾るのはクラゲをモチーフとしたオリジナルのシャンデリア。深海をテーマとしたデザインコンセプトが、遊び心ある照明にも息づいている。

東京と海が一つに結ばれる地で。

6階の「Blue Suite @Club Lounge」は都会の喧騒からプライベートの静寂へのスイッチングポイントとなる。レインボーブリッジが映えるきらめく海と、またたく東京の夜景が同居する空間は、あなたを癒し、鼓舞し、そして祝福してくれることだろう。

妥協を許さないデザインから生まれた、湾岸に屹立するソリッドな存在感。

理想とする美しいプロポーションを、どこまで追求することができるか。妥協なきデザインを求め、住宅でありながらシンメトリーな姿が実現した。均等なグリッドと、抑えたカラートーンが生み出すソリッドな存在感。まるで東京湾に聳える灯台のように、寡黙にして美しいシンボルが生まれる。

Parking

湾岸の日々を満喫するために、タワーパーキングと自転車置場を完備。

湾岸生活をアクティブに愉しむため、敷地内に雨風にさらされないタワーパーキングとセキュリティに護られた自転車置場を計画している。自転車置場への入り口にはサイクルゲートを設ける等、セキュリティもぬかりない。歩行者・車・自転車、それぞれの動線を分けることで、安全性にも配慮している。

内廊下完成予想CG

まるでホテルのような快適性を求めた内廊下設計。

住まいのひとつの理想形がラグジュアリーホテルなら、タワーレジデンスはその理想に近い存在といえるかもしれない。例えば、カーペットが敷き詰められ、プライバシーに配慮した内廊下。空調で制御された空間は、季節や天気に左右されることのない快適性で、住まいへのアプローチをやさしくエスコートする。

※掲載の完成予想CGおよび敷地配置図、立面図は、設計図を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。また、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状・色調・植栽等に変更が生じる場合がございます。周囲の建物等は一部省略してある他、外構・フェンス・電柱等や外構形状の細部、設備機器は表現しておりません。
※タワーパーキング・自転車置場のご利用は管理規約に基づきます。
※タワーパーキングに駐車できる車種には制限がございます。詳しくはスタッフまでお尋ねください。