ローレルタワー ルネ浜松町

浜離宮恩賜庭園/徒歩17分(約1,300m)

FUTUREFRONT

その東京に刺激はあるか?東京の未来を先取る愉悦。

旧芝離宮恩賜公園の緑の来歴に想いを馳せ、日々進化する東京の姿を只中で体感するダイナミズム。ここは、古き良き東京の夢と、未来へと発展する東京の夢が交差する場所。幾つもの大規模な開発を控えた浜松町や、品川駅と田町駅の間に誕生する山手線新駅にリニア始発駅となる品川を身近にする将来性もまた、この地の醍醐味だ。

現地周辺航空写真  Ⓒ写真化学/NTT空間情報 現地周辺航空写真 Ⓒ写真化学/NTT空間情報
HAMAMATSUCHO AREA/大型開発で新たな東京の玄関口へ。
  • (仮称)竹芝地区開発計画

    東京都が行う「都市再生ステップアップ・プロジェクト」のひとつとなる、官民連携・産学共同による新たなビジネス拠点を創造する。浜松町駅・竹芝駅・竹芝ふ頭を繋ぐ歩行者デッキ等の整備を行い、竹芝地区の防災拠点を目指している。

  • 世界貿易センタービルディング跡地では、東京の玄関口・浜松町駅にふさわしく東京モノレール浜松町駅の建替えやバスターミナルの再整備等、交通機能強化が進む。

  • 東京ドームとほぼ同等の区域面積約4.7haのスケールで進む、約 235mのツインタワー計画。オフィス・ホテル・商業施設等からなる大規模複合施設の整備が進行中。

SHINAGAWA AREA/山手線新駅&リニアで、広がる未来。
  • リニア中央新幹線「品川」駅

    最高設計速度505kmを誇る次世代の交通手段は品川駅が始発駅となる予定。名古屋まで最速40分の速さで結ばれることで、新たな可能性が広がりそう。

  • 国道15号・品川駅西口駅前広場整備

    国際交流拠点「品川」の玄関口に相応しい駅前空間を目指し、国道上空を活用した交通広場・歩行者ネットワーク、賑わい広場等を整備予定。

  • JR品川新駅(仮称)

    山手線では49年ぶりとなる新駅が、品川・田町間で開発中。隈研吾氏の手による駅は2020年春に暫定開業、2024年の本開業を目指す。

TAMACHI AREA/駅東口一新の再開発。
  • msb Tamachi(ムスブ田町)

    JR田町駅東口に直結する約1万3千㎡の地を舞台に、オフィス、商業施設、ホテル、広場から構成されるミクストユースの街づくりが進行中。2018年秋、フランスホテルチェーンのハイクラスブランド「プルマン」が日本初上陸を予定している。

再開発によって上昇する都市の資産性。

再開発によって変わるのは都市機能だけではない。例えば開発が進む「品川」エリアの平均坪単価は年々上昇。同じく大規模な開発が進行する「勝どき」や「豊洲」もそれぞれ上昇を見せている。再開発によって“土地の価値”に大きく影響を与える可能性が見えてくる。
※再開発により本物件の資産性が上昇する事を保証するものではありません。対象期間:2010年1月〜2017年10月15日までのMRC調査・捕捉に基づく分譲マンションデータ(MRC調べ)最寄駅入力は物件販売時のMRC入力登録駅に基づく

※掲載の浜離宮恩賜庭園写真は2017年9月に撮影したものにCG加工を加えたもので実際とは異なります。

※出典■(仮称)竹芝地区開発計画/東急不動産株式会社プレスリリース:2016年5月26日(2020年5月竣工予定)画像提供:東急不動産株式会社■浜松町二丁目4地区/東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース:2017年9月7日(2027年12月A街区全体竣工予定)■ (仮称)芝浦一丁目計画/野村不動産株式会社HPプレスリリース:2017年8月15日(S棟2023年度竣工予定、N棟2029年度竣工予定)■アジアヘッドクォーター特区/東京都政策企画局調整部「東京の特区」HP(誘致目標2020年度まで)■リニア中央新幹線「品川」駅/東海旅客鉄道株式会社HP中央新幹線(2027年開業予定)■国道15号・品川駅西口駅前広場整備/国土交通省関東地方整備局HP 記者発表資料:2017年9月8日(竣工時期未定)画像提供:国土交通省関東地方整備局道路部■JR品川新駅(仮称)/東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース:2016年9月6日(2020年春暫定開業予定)■msb Tamachi(ムスブ田町)・田町駅東口北地区土地区画整理事業/港区HP「田町駅東口北地区の街づくりに関わる計画等」・東京ガスプレスリリース:2017年5月16日(ホテル:2018年5月竣工予定、全体:2020年春竣工予定)※画像提供:三井不動産株式会社■田町駅前東口地区第一種市街地再開発事業/東京都都市整備局HP※画像提供:田町駅前東口地区市街地再開発組合(2018年4月工事完了予定)■ JR品川車両基地跡地開発/東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース:2018年2月8日(2024年度供用開始予定)■泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業/東京都都市整備局HP 報道発表資料:2018年2月21日(2024年度事業完了予定)■竹芝ウォーターフロント開発計画/東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース:2016年7月5日(2020年春以降順次開業予定)■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業/東京都都市整備局HP:2017年7月31日(2024年度事業完了予定)※事業計画の変更により、竣工・開業時期等が変更になる可能性があります。