構造・セキュリティ

構造構造

やっぱり気になる、家の耐震性。2×4工法は、災害に強い工法といわれています。

震災にも耐えた2×4工法の家

世界有数の地震国である日本。住宅において、「耐震性」は最も重要な基本性能です。日本ツーバイフォー建築協会による調査では、東日本大震災の被災地(仙台・石巻地域)において調査した2×4工法の家は、調査対象住宅20,772戸(平成23年7月28日現在)のうち、95%(津波による被害を除けば98%)が当面補修をしなくとも居住に支障ない状態でした。

なぜ、地震に対して強いのか

2×4工法の家は、床・壁・屋根が一体構造なので、地震の揺れを6面全体を受け止めるとともに、外からかかる力をバランス良く分散させます。地震による負荷が一部分に集中しないため、建物の変形やねじれ、倒壊・損傷などが少なく、優れた耐震性を発揮します。

やさしい木造が生みだす、高性能な2×4工法の家。

木造でありながら隙間が少ない構造のツーバイフォー工法は、気密性が高く、断熱効果も期待できます。外の気温に対する影響が少なく、冷暖房によるエネルギーロスを減らすことが可能。夏や冬でも、冷暖房費を抑えながら、快適な温熱環境で暮らすことができます。

台風にも強い2×4工法の家

補強金物により、耐風性を強化(イメージ)

2×4工法の家は、台風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれました。それだけに台風対策もバッチリです。
その名も「ハリケーンタイ」と呼ばれるものは、強風にあおられても屋根が吹き飛ばされないようにするあおり止め金具。他にも耐震・耐風性を高めるための金具が随所に使われています。

省令準耐火構造

建築基準法上の防火性能区分の一つで、火災に対する安全性能を規定化したものです。ローレルヒルズ手賀の杜の2×4工法は、木構造でありながら防火構造に適合した外壁仕様によって作られた省令準耐火構造建物です。もらい火を防ぐとともに、内部出火の火災にも備えています。

耐火性を高める「石こうボード」

2×4工法の家では、天井や壁に石こうボードが貼られます。石こうボードは、約21%の結晶水を含んでおり、炎があたると熱分解を起こして水蒸気を放出します。このため火災が発生しても、天井裏や壁の内部の温度の上昇を抑え、構造材が発火点(約450℃)に達するまでの時間を大きく遅らせることができます。

火の通り道を遮り、延焼を防ぐ「ファイヤーストップ構造」

火災が起きたとき、一般に火は上階へと燃え広がります。2×4工法の家は、火の通り道となる床や壁の枠組材などが、ファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、延焼を防ぎます。また、一部屋一部屋が6面体の密閉空間で区切られている室内は、防火区画がいくつもつくられているのと同じ状態。だから、火災時の被害を最小限に抑えられるのです。

セキュリティセキュリティ

住戸の玄関回りにも万全なセキュリティ。

録画機能付カラーモニタードアホン

防犯合わせ複層ガラス(シャッターサッシを除く1階窓)

1階小窓には耐貫通性に優れ、侵入被害に多い"こじ破り"や"打ち破り"対策に有効な防犯合わせ複層ガラスを採用しています。

ディンプルキー&ダブルロック

玄関ドアにはピッキングに対して強く、複製も困難なデインプルキーを採用。さらにカギ穴を2ヶ所に設置し、防犯性を高めます。

3つの鎌付きデッドボルト

ピッキング対策に効果的な2ロックを標準装備。さらに、上部ロックに2つ、下部ロックに1つ、鎌付きデッドボルトを採用することで、"こじ破り"に対する抵抗力を高めています。

シャッター(1階掃き出し窓)

1階の掃き出し窓には防犯性を高めるとともに、風雨などから窓を守るシャッターを装備しました。

ガーデンライト(常夜灯)

暗くなると自動点灯するセンサー式のガーデンライトを配置し、夜の庭先を柔らかな光で優しくライトアップします。光による防犯効果も兼ね備えています。

空かけ防止クレセント&補助ロック&サブブロック

サッシが完全に閉まっていない状態ではクレセントが最後まで回らず施錠できない「空かけ防止機能」や「サブロック」などを装備し、防犯性能を高めています。

※掲載の写真・イラストは参考のものであり実際とは異なる場合がございます。
住戸により仕様・形状等が異なります。住戸によっては採用されていない場合がございます。詳細は図面集にてご確認ください。
植栽は特定の季節の状況を表現したものではありません。