印刷用PDFを見る
  • 住まい

近鉄名古屋線「富吉」駅13年ぶりの新築分譲マンション 「ローレルコート富吉駅南」 2021年7月24日(土) マンションプラザオープン

 近鉄不動産株式会社(本社:大阪市天王寺区/取締役社長:倉橋孝壽)は、愛知県海部郡蟹江町に建設中の地上13階建、総戸数88戸の新築分譲マンション「ローレルコート富吉駅南」マンションプラザが7月24日(土)にオープンすることとなりましたので、お知らせいたします。


 「富吉」駅南の徒歩4分に位置する本物件は、「富吉」駅徒歩15分圏内の新築分譲マンションとしては、13年ぶりの供給となります。建物は全戸南西向きで、間取りは2LDK~4LDKまでの幅広いプランをそろえ、駅近の利便性に合わせた多様な暮らし方に対応できる物件となっております。また、本物件では「非接触」・「リモート」をテーマに、コロナ禍でも入居者の方々にご安心いただけるように、ドアに触れることなく住戸玄関前まで行くことができる非接触解錠システムや、コワーキングスペース、スマホで操作できるインターホンやガス給湯器を導入しました。
さらに、本物件に隣接するスーパーをはじめ、徒歩圏内には、ドラッグストア、プール併設のスポーツジムなども立地しており、快適な暮らしをお送りいただけます。

 当社は今まで、近鉄名古屋線の折り返し拠点駅であり、「近鉄名古屋」駅まで直通12分の準急始発駅としても便利な「富吉」駅周辺で、分譲マンション6棟265戸のほか、戸建住宅、ビルなどを開発してきました。
また、2027年のリニア中央新幹線の開通をにらみ、「富吉」駅のポテンシャルをさらに高めるため、時間貸しの駐車場がなかった駅南側に計69区画の駐車場を2021年5月に開業しました。
 本物件により、駅前の居住人口が増えることで、さらなるにぎわいを創出するとともに、近隣にお住まいの方々のパーク&ライドを促進し、「富吉」駅エリアに暮らす利便性を向上させ、ますますの発展に貢献できればと考えています。

※「13年ぶり」の表記について、「富吉」駅徒歩15分圏内の新築分譲マンションは、2008年竣工の「ローレルコート富吉台」より13年ぶりとなります。

【別紙】LC富吉駅南.pdf

【外観完成予想図】

印刷用PDFを見る