印刷用PDFを見る
  • 商業施設

開業5年目に向け、「あべのハルカス」に、新アトラクションが登場
日本初、地上300mの断崖絶壁スリル体験!
EDGE THE HARUKASエッジ ザ ハルカス」を3月7日にオープン

近鉄不動産株式会社

日本一高いビル「あべのハルカス」は、開業5年目を迎える、本年3月7日、「ハルカス300(展望台)」に地上300mの断崖絶壁スリル体験アトラクション「EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)」をオープンしますのでお知らせします。

「EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)」は、地上300mのビル最頂端部となる外周ガラスの上部に新設した、幅約60cm、長さ20mのデッキの上を、命綱を装着して歩き、スリルを味わうアトラクションです。このようなアトラクションは日本初となります。
 超高層ビルから真下をのぞくことができるぎりぎりの場所に身一つで立ち、さえぎるものが何もない状態で360度の絶景と、はるか眼下に広がる街並みを全身で体感いただけます。

「あべのハルカス」には、これまで国内外の多くのお客様にご来場いただいており、中でも「ハルカス300」では、地上300mからの眺望はもちろん、ビアガーデン、ボールプール、プロジェクションマッピングなど季節に応じて楽しめる体験を年中お届けし、2017年9月には累計入場者数700万人目のお客様をお迎えすることができました。
 新アトラクションとして「EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)」がオープンすることで、「ハルカス300」の最大の魅力である「高さ・絶景・楽しさ」に「驚き」の体験を新たに加えてお届けし、開業5年目以降も新規およびリピーターのお客様のご来場を促進し、よりにぎわいにあふれた空間を創出したいと考えています。

※当社調べ。「屋外」で「外壁のない」「地上300mを真下に見下ろせる」場所でのアトラクションは日本初となります。

「EDGE THE HARUKAS」設置箇所
「EDGE THE HARUKAS」イメージビジュアル

【別紙1】「EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)」の概要

指でスワイプしてください
(1)名称: EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)
(2)開始日: 2018年3月7日(水)
(3)時間: 10:00~18:00
(4)場所: 「あべのハルカス」頂上部(展望台から移動)
(5)料金: お一人様1,000円(アトラクション参加料および記念写真1枚・写真データ含む)
※年齢に関わらず同額
※別途展望台入場料必要
※購入後の払い戻しは致しません
(6)定員: 5名
(7)ご利用制限: 身長145cm以下または200cm以上の方はご参加できません。
(8)アトラクションの流れ ①ご利用者は、専用ユニフォームを着用後、ハーネス、安全ベルトを装着していただきます。
②安全ベルトをアトラクションの安全装置に取り付け、階段を上ってアトラクション上に移動。
③アトラクション上で絶景や300m真下を見下ろす体験を満喫(約7分)
④アトラクション上で記念写真を撮影。
⑤終了後、ユニフォームを返却。
⑥記念写真(プリント)を一人一枚お渡しし、写真に記載のアドレス又はQRコードの読み込みにより写真データがダウンロード可能
(9)ご利用上の諸注意 ①雨天時、降雪時、荒天時には中止します。
②外装ガラス清掃のため、実施を休止する場合がございます。
③小学生以下のお子様が参加される場合は、保護者様とご同伴ください。
(1名につき、18才以上の方1名)
④その他、安全にご利用いただけないと判断した場合、ご参加をお断りする場合がございます。
(10)専用ホームページ https://www.abenoharukas-300.jp/observatory/edge/
(11)プロモーション動画 ・配信時期 平成30年2月13日14:00~(予定)
・URL https://youtu.be/FAdUr5buKMw

 (12)「EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)のロゴ
 ・下記参照

EDGE THE HARUKAS ロゴマーク
お客様のお問い合わせ先

【別紙2】「EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)」ロゴマーク

EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)」ロゴ

「EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)」動画について

2月13日から動画「日本初!断崖絶壁スリル体験~感じるのは、恐怖か、興奮か~」を公開します。この動画は、実際のアトラクションで実写したもので、地上300mのビルの吹きさらしの場所に身一つで立つというスリル体験の一部をご覧いただけます。
(URL:https://youtu.be/FAdUr5buKMw

写真1
写真2

写真3
写真4

前半は、まるでその場に立っているかのような恐怖と緊張が張り詰めます。一転して、後半はダイナミックなカメラワークで、ワクワク感を表現しました。

撮影クルーは、清掃用のゴンドラに乗り、命綱をつけて撮影しました。ゴンドラが風に揺られる中、長時間の撮影を終了した後は「まるで鳥になったような気分です」とフラフラの状態に。

一方、キャストは、地上300mで柵の外にギリギリまで身体を投げ出し、その光景は撮影しているスタッフが怖くなるほど。ところが、最初はあまりの恐怖からへっぴり腰になっていたキャストが、だんだんと絶景に爽快感を覚え始め、終了後は興奮しながら楽しそうに断崖絶壁の体験を語ったのです。

感じるのは、恐怖か、興奮か。本アトラクションの醍醐味が伝わる動画が完成しました。

なお、本動画に関連したCMを3月7日から関西でオンエアいたします。

印刷用PDFを見る