印刷用PDFを見る
  • 商業施設

あべのハルカス美術館・2018年度 後半展覧会ラインナップ決定!

「あべのハルカス」の16階に位置する「あべのハルカス美術館」は、日本美術や西洋美術、現代アートなど多彩な展覧会を開催しています。
 2018年度前半からは、「生誕120年 東郷青児展 夢と現(うつつ)の女たち」、「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」、「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」、「太陽の塔」といった様々なジャンルのラインナップを予定しております。
 さて、2018年度後半は下記のとおり2本の展覧会が決定しました。展覧会の詳細は別紙のとおりです。
 あべのハルカス美術館は、お仕事帰りにもお立ち寄りいただけるよう平日(火~金)は夜8時まで開館しております。今後もターミナル駅直上に位置するメリットを最大限に活かし、より魅力的な都市型美術館として多くのお客様にお越しいただけるよう運営してまいります。

~ 「あべのハルカス美術館」2018年度 後半ラインナップ ~

1.生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展
会期:2018年11月16日(金)~2019年1月14日(月・祝)
共催:イスラエル博物館、産経新聞社、関西テレビ放送

2.驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ
会期:2019年1月26日(土)~2019年4月14日(日)
共催:毎日新聞社

1.《相対性》 1953年 All M.C. Escher works copyright © The M.C. Escher Company B.V. - Baarn ? Holland. All rights reserved. www.mcescher.com
2.安藤緑山《胡瓜》 牙彫

【別紙】

1.生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展

会 期 : 2018年11月16日(金)~2019年1月14日(月・祝)
共 催 : イスラエル博物館、産経新聞社、関西テレビ放送
開催趣旨:実際にありそうで現実には存在しない風景を描くエッシャーの唯一無二で“ミラクル”な作風は、世界中の人々を魅了し続けています。本展では、世界最大級のエッシャー・コレクションを誇るイスラエル博物館の所蔵品から、代表的な“だまし絵”作品、初期の作品や直筆のドローイングなど、すべて日本初公開となる選りすぐりの約150点を展示します。

《バベルの塔 》 1928年
《滝》 1961年
《球面鏡のある静物》 1934年

2.驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ

会 期 : 2019年1月26日(土)~2019年4月14日(日)
共 催 :毎日新聞社
開催趣旨:本物と見まがう野菜や果物、自在に動く動物や昆虫、精緻な装飾や細かなパーツで表現された器やオブジェ…。近年注目の高まる明治工芸と、そのDNAを受け継ぐ現代の作家たちによる超絶技巧の競演をご覧いただきます。人間の手が生み出す奇跡のような技術に加え、洗練された造形センスと機知に富んだ、驚異の美の世界をお楽しみください。

前原冬樹 《一刻:皿に秋刀魚》 桜、油彩
初代 宮川香山 《猫ニ花細工花瓶》 陶磁
初代 宮川香山 《猫ニ花細工花瓶》 陶磁

【開館時間】

火~金 : 10:00 - 20:00
月土日祝 : 10:00 - 18:00
*入館は閉館30分前まで

【休館日】

一部の月曜日、年末年始
展示替え期間(不定期)
*展覧会により休館日は異なります。

【所在地】

〒545-6016
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階

【最寄駅】

近鉄南大阪線「大阪阿部野橋」駅 直上
JR各線「天王寺」駅
地下鉄御堂筋線「天王寺」駅
地下鉄谷町線「天王寺」駅
阪堺上町線「天王寺駅前」駅 よりすぐ

【アクセス】
印刷用PDFを見る