構造セキュリティ
  • STRUCTURE
  • SECURITY

永住品質を視野に入れた、耐震性・耐久性。

STRUCTURE

  • 概念図

    概念図

    深層混合処理工法(柱状改良杭)

    地盤調査の結果から、支持地盤となる強固な地盤の位置・深さを把握した上で、地盤・建物計画に応じた基礎設計を行っています。「ローレルコート滝川町ヒルズ」では、比較的浅い位置に支持地盤があるため、土壌とセメント系固化材を地中で均一に混ぜ合わせることで支持地盤と同等の固い改良地盤を構築し、建物を支える「深層混合処理工法」を採用しています。

  • 概念図

    概念図

    コンクリート強度

    「ローレルコート滝川町ヒルズ」では構造体のコンクリートは30ニュートン以上(30N/m㎡)の強度を設計基準としています。これは1㎡で約3,000トンの圧力に耐えられるものです。※主要構造部のみ※土間コンクリート、捨コンクリート、外構等一部を除きます。

  • 概念図

    概念図

    階下への音の軽減

    居室の床厚は約250~275mm以上(一部床スラブ厚は約200mm)。軽量のものを落とした時の音を(△LL(1)4)の床仕上材(直貼りフローリング)を使用し階下に伝わるのを低減します。

  • 一般柱概念図

    一般柱概念図

    かぶり厚さ

    鉄筋の錆や腐食を防ぐために、主要な鉄筋を包み込むコンクリートには、建築基準法で定められた基準値以上の厚みを確保しています。

  • 概念図

    概念図

    乾式耐火間仕切壁

    戸境壁には乾式耐火間仕切壁を採用。高い耐火性能と共に遮音性にも優れた構造で安心快適な室内環境を保持します。

  • 概念図

    概念図

    水・セメント比50%以下

    建物の耐久性を高めるため、セメントの重量に対する水の重量を50%以下とすることで、コンクリートの強度を高く保ちます。

  • 概念図

    概念図

    水まわり遮音対策

    キッチンや浴室、トイレで流した水音は排水堅管を通じて階下に伝わります。そのため、排水堅管にはグラスウール吸音材と遮音シートを巻き付け、気になる排水音を抑えました。

  • 概念図

    概念図

    対震ドア枠

    地震で枠が変形した場合もクリアランスを大きく確保することにより、枠とドアとの接触を緩和しドアを開けやすくします。

  • 概念図

    概念図

    家具固定用の補強下地

    地震の揺れなどによる家具等の転倒を抑えるために、キッチンの食器棚スペースや居室のエアコンなどに対応する補強下地を壁内部に設けました。

第三者による信頼の評価「住宅性能表示制度」

設計性能評価

「住宅性能表示制度」とは「住宅品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づき、国土交通大臣より指定を受けた第三者機関「指定住宅性能評価機関」が、構造の安定や火災時の安全性など、10項目において具体的な等級や数値で性能評価を行うので、客観的な比較が可能となります。「ローレルコート滝川町ヒルズ」では「設計住宅性能評価書」を申請中。さらに完成時にも「建設住宅性能評価書」を取得する予定です。

※概念図はイメージです。※参考写真・参考イラストは当社施行例及びメーカー写真のため実際とは異なる場合があります。

資料請求受付中 資料請求受付中

資料をご請求いただきました方には、プロジェクトの詳細をご紹介する最新資料をお届けします。 資料をご請求いただきました方には、プロジェクトの詳細をご紹介する最新資料をお届けします。