悠久の時を想い、継承を編む。

八事丘陵。17世紀末に開かれた八事山興正寺を中心に自然深い静寂な境内や建造物など丘の其処此処に覗く歴史の片鱗。人々が愛しんできた伝統は粛々と護られ、独特の風情と麗しさに満ちた丘の空気が形成されています。

  • 八勝館
  • 周辺の街並み

地形、自然、歴史、風情。景勝地の息遣いを受け継ぐ八事丘陵。

江戸時代から景色が良く景勝地として愛されてきた八事丘陵では、大正末期頃から区画整理開発が行われました。英国の社会改良家エベネザー・ハワードが提唱した「田園都市構想」に学び、日本の都市計画家黒谷了太郎による独自の都市構想を展開。自然美と人工美が調和した中で人々が美しく暮らす「別荘地・邸宅地候補」に指定されました。景観の鍵となる樹木、丘の起伏を利用した勾配、ゆるやかな曲線を描く道路、広さのある敷地…。自然を残し良い環境を保つための創意工夫は、後の世に美しく魅力に溢れた邸宅街として受け継がれています。

※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数については80mを1分として算出(端数切上げ)したものです。
※表示内容は、2017年4月の調査時点のものです。
※掲載の環境写真は、2017年1月・4月に撮影したものです。

資料請求受付中 資料請求受付中

資料をご請求いただきました方には、プロジェクトの詳細をご紹介する最新資料をお届けします。 資料をご請求いただきました方には、プロジェクトの詳細をご紹介する最新資料をお届けします。