【公式HP】ローレルタワー心斎橋|大阪府大阪市 地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅徒歩3分|近鉄不動産が贈る新築分譲マンション

COMMON SPACECOMMON SPACE

高層階のラウンジに寛ぎ、
摩天楼を堪能する。

SKY SALON

都市の中心その宙空に広がる風景は、人それぞれの心象に郷愁を映すのかもしれない。
遥かに望むビル群の広がりに感じる叙情は都心生活ならではの感慨といえよう。
27階スカイサロンは、そんな寛ぎに浸ることはもちろん、
家族やゲストと料理を囲んで都市に広がるイルミネーションを愉しむことも可能となる。

GUEST ROOM

友人や親族、オーナーの大切なゲストをもてなす空間。
文字通り「客室」としてのホスピタリティを備えたゲストルームは、スカイサロンと同じ27階フロアに設置。
ゆったりと広がるベッドルームには印象的なヘッドボードを配して優雅な空間演出とするほか、
雄大な都市眺望が愉しめる仕様。
まさに非日常を楽しむHOTEL MODEと呼べる設計を施している。

GRAND DESIGN

美しい整形地に描かれる
ハイスペックタワー。

都心にあって二面接道を持つ豊かな敷地、その北側に約3m、南側に約2.5mの歩道状公開空地を設け、街路からの十分な引きを確保した平面計画。市街地環境の整備に資する総合設計制度により高さ約95m、地上29階建てのタワーを創出する。建物北側にメインアプローチを取り、南側に自動車、バイク、自転車の動線を配置して、完全歩車分離の設計となっている。また南側にサブエントランスを設置し南面街路へのスマートなアプローチを図る。

LIGHTING METHOD

都市の記憶をデザインした
ライティング・メソッド。

色温度と照度を調整することで、明るさと光のフォルムまでをもデザインした照明計画。グランエントランス、EVホールに代表される光は、光源の眩しさ(グレア)をカットする「グレアレスダウンライト」を採用し照明器具の存在を感じさせない。そして、光彩そのものを素材として、24時間の流れとともに変化する調光システムは、その空間に佇むひとときを豊かな「情感」で包みこむ。

SECURITY LINE

護られてこそ、
都市のタワーたる安寧を
享受する。

南北2面に開かれたランドスケープを持つタワーレジデンスには、先進のセキュリティが求められる。精緻な建物の配置計画、人や車の動線計画の先に備えられたセキュリティ計画。パブリックゾーンであるグランエントランス、エレベーター、そしてプライベートゾーンでの玄関という3次セキュリティラインを形成する。もちろん、防犯システムや設備など幾重におよぶ備えを施している。その性質上、詳細はシークレットとしている。ぜひ設計図書をご覧いただきたい。

LANDSCAPE

都市の景観創造を目指して
計画した樹々の潤い。

建物基壇部の建築美に呼応する緑彩は、街路に潤いある景観を創出する。このタワーの顔となる北側の街路に開かれた歩道状公開空地には、緑豊かな風格ある並木道を創出、色調の異なる低木を植え分けモダンな緑地帯を意匠している。外部とエントランスホールを分かつ領域には、割肌、ノミ切り、水磨きに仕上げた3種の石材によって水の流れを表現。伝統的な「枯山水」のモチーフを現代的な解釈によって描き出している。また南側には、花木や紅葉樹をあしらうことで、都心に鮮やかな季節を映し出す。

PARKING PLAN

スーパーカーにも対応した
パーキング設備。

駐車場にはタワーパーキングを採用。建物の南側道路からアクセスし、安全性と利便性に配慮している。電気自動車への対応(6台)はもちろん、最低地上高90mm以上の低床車にも対応(6台)し、イタリア、ドイツに代表されるスーパーカーも許容する。

※掲載のスカイサロン完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。また、各種機器・配管・設備等は省略しております。
また、現地27階相当の眺望写真(平成28年7月撮影)を合成したもので実際の見え方とは異なります。
※周辺環境は将来に渡り保障されるものではなく、今後変更となる場合があります。
※掲載のエレベーターホール・ゲストルーム・内廊下完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。また、各種機器・配管・設備等は省略しております。また、ゲストルーム完成予想CGは、現地27階相当の眺望写真(平成28年7月撮影)を合成したもので実際の見え方とは異なります。
※周辺環境は将来に渡り保障されるものではなく、今後変更となる場合があります。
資料請求はこちら
来場予約はこちら
来場予約はこちら

資料のご請求・お問い合わせは
「ザ・心斎橋タワープロジェクト」: Free Dial0120-403-184 営業時間/AM10:00~PM6:00(定休日/毎週水曜日) 携帯電話・PHSからも通話できます

TOP
LOADING