FUTURE 未来価値

航空写真

商都大阪を牽引してきた
船場の中枢に。

東西南北をそれぞれ川(堀)に囲まれた船場は、
太閤秀吉の時代から商都大阪の中核を担い、豊かな町人文化を育んできました。
すなわち人が暮らし、商いを営み、伝統をつくってきた都心の邸宅区。
その脈々と受け継がれてきた都心居住のルーツともいえる地に、
新たなシンボルとして「ローレルタワー堺筋本町」が誕生します。
出典:大阪古地図集成第4図新撰増補大坂大絵図/大阪市立図書館所蔵
出典:大阪古地図集成第4図新撰増補大坂大絵図/大阪市立図書館所蔵

船場の由緒を訪ねて

船場・問屋街の久太郎町 / 出典:(一社)ジャパンアーカイブス
船場・問屋街の久太郎町 / 出典:(一社)ジャパンアーカイブス
船場のはじまりは太閤秀吉の大坂城築城に遡ります。
当時、家臣や武士たちの食料や生活用品を調達するため、堺や京都・伏見から商人を移住させ、文字通り船着き場として急成長を遂げていきました。これが「天下の台所」と称えられた大阪の都市基盤のはじまり。その後、船宿、料亭、両替商、呉服店、金物店などがつぎつぎに誕生し、わが国の経済、流通の中心地として栄えていったのです。

大大阪時代を牽引

呉服問屋が軒を並べる本町通 / 資料提供:橋爪紳也コレクション
呉服問屋が軒を並べる本町通 / 資料提供:橋爪紳也コレクション
幕末から明治初期にかけては蔵屋敷の廃止などから大阪全体の経済が停滞しました。しかし、市域が拡大されるなど再び商工都市として造船、貿易、繊維などの産業が集まり、「大大阪時代」と呼ばれた栄光の時代に突入します。船場では市電堺筋線が開通し、平野町周辺はうなぎ屋などの老舗が並ぶ屈指の繁華街に。再び商業地区として注目され、好景気のまま大正時代を迎えることになります。

筋と通を行き交う

大商店や百貨店が連なる堺筋 / 資料提供:橋爪紳也コレクション
大商店や百貨店が連なる堺筋 / 資料提供:橋爪紳也コレクション
船場の地理は碁盤目状に行き交う街路で構成されています。東西に走る街路を“通”、南北に走る街路を“筋”と呼び、特色のある町のコミュニティを形成していきました。例えば、薬の町として知られる道修町、繊維や衣料を扱う商店が並ぶ本町通、久太郎町は各地の特産品を扱う卸売の町として賑わいを見せたといいます。堺へ至ることから名が付く堺筋は、明治45(1912)年、市電堺筋線の開通により拡幅され、金融機関や三越、白木屋などの百貨店が建ち並びました。

OSAKAの未来までも
見晴らす堺筋のシンボルへ

航空写真
航空写真

中央線では
「堺筋本町」駅をはじめ、
Osaka Metroの
大規模改革スタート。

2025年の大阪・関西万博の開催に向けて、
Osaka Metroの地下空間リニューアルと
中央線の延伸計画が予定されています。
リニューアルは中央線と
御堂筋線の主要駅で行われ、
中央線で「本町」駅に次ぐ乗降客数を誇る
「堺筋本町」駅は2021年度のリニューアル工事着手が予定されています。
「Osaka Metro Group 2021年度事業計画」より
「Osaka Metro Group 2021年度事業計画」より

2025年、大阪・関西万博の開催で、
ますます高まる都心船場の未来価値。

2025年開催予定の大阪・関西万博会場への
主要アクセスは中央線。
キタやミナミのターミナルからも乗り換えは
すべて本町になります。
1970年の大阪万博開催に合わせた
地下鉄堺筋線・中央線の開通から50年の時を経て、
再び大阪都心に大きな注目と
人々の活気が集まると予想されます。
2025年開催予定の大阪・関西万博を機に発展していく
船場の未来にますます期待が高まります。
提供:2025年日本国際博覧会協会
提供:2025年日本国際博覧会協会
提供:2025年日本国際博覧会協会
提供:2025年日本国際博覧会協会
提供:2025年日本国際博覧会協会
※掲載の写真は2020年7月に撮影したものに、一部CG処理を施しており実際とは異なります。
※掲載の徒歩分数は、80mを1分として算出(端数切り上げ)した概測時間です。