※2.外観完成予想図 ※2.外観完成予想図
SMART BEST MY LIFE 健やかな未来を夢見る街へ。

JR「岸辺」駅より「大阪」駅へ4駅11分※1。都心直結の暮らし。JR「岸辺」駅より「大阪」駅へ
4駅11分※1。都心直結の暮らし。

JR「大阪」駅へ4駅11分。
進化し続ける都心に寄り添う
JR「岸辺」駅前を舞台に、
産・学・官・民が力を合わせて
取り組む壮大なまちづくり
「北大阪健康医療都市 健都」。
それは、国内有数の国立医療研究機関
「国立循環器病研究センター」を中心に、
医療・健康関連の研究機関や
市立吹田市民病院、
駅前複合商業施設や大規模マンションといった
多彩な施設を開発・整備し、
人と自然と街が共生できる
新たな都市環境を創造するプロジェクトです。
まだ誰も知らない、
健やかな未来がここから始まります。

※2.外観完成予想図
ローレルスクエア健都ザ・テラス(2020年3月撮影)

ローレルスクエア健都ザ・テラス(2020年3月撮影)

もっと、私らしく。もっと、明るく健やかに。もっと、私らしく。
もっと、明るく健やかに。

それは、「健都」の新たな住まいの選択肢。
公園横ならではの、のびやかな開放感と
鮮やかな緑彩を感じられ、
さまざまな世代の人々がいつまでも
心地よく暮らせることを目指した
総142邸「ローレルスクエア健都ザ・テラス」。
ますます進化する街の鼓動を感じながら、
もっと私らしく、
もっと明るく健やかに暮らしを愉しむ。
そんなスマートでおおらかなライフスタイルが、
ここからはじまります。

※3.外観完成予想図・「健都」街並イメージイラスト

※3.外観完成予想図・「健都」街並イメージイラスト

それは、緑・環境・安心・記憶でつながる街づくりそれは、緑・環境・安心・記憶で
つながる街づくり

「健都」は、全長約3km超の広大な敷地に
公園や街路樹の緑が連なり、
都市の賑わいとともに、
緑豊かな自然とのふれあいを
日常とすることを目指す街づくり。
健康と環境学習をテーマとした生活支援施設、
医療クラスター、都市型居住区など、
それぞれの開発がつながりあい
人と自然が共生する、
健康・教育創生の街が、今、ここに誕生します。

※4.概念図(出典元:健都ホームページ) ※4.概念図(出典元:健都ホームページ)
かつて東洋一と謳われた
吹田操車場跡地に。
「健都」が誕生するのは、かつて東洋一※の規模と謳われた吹田操車場跡地。約30haにも及ぶビッグスケールな敷地を活かし、医療・健康関連の研究機関や「市立吹田市民病院」、企業が集積する「健都イノベーションパーク」などの開発・整備が進められています。また、複合商業施設「VIERRA岸辺健都」、緑あふれる公園、大規模マンションなども創出され、健やかで心地よい暮らしを支える環境が整えられています。 ※吹田市立博物館「博物館だより」NO.55より
各分野の叡智を集め、
国際級の複合医療産業拠点へ。
産業、学術、行政、民間企業の英知を結集し、国際級の複合医療産業拠点づくりを目指す「健都」。その壮大なスケールの開発区域は、大阪府により「成長産業特別集積区域(成長特区)」に指定されています。これは、大阪府が成長産業の集積の促進等を図る必要があると認める区域などに指定するもので、諸条件を満たす高度なライフサイエンス分野の事業者に対して優遇措置が講じられます。 ※法人府民税や法人事業税等が最大5年間ゼロという優遇措置が講じられます。
(2016年7月 大阪府ホームページ報道発表資料より)
SHOPPING
VIERRA岸辺健都(2018年10月撮影)
VIERRA岸辺健都(2018年10月撮影)
駅前複合商業施設「VIERRA岸辺健都」
JR「岸辺」駅前には、新たな賑わいの舞台となる複合商業施設「VIERRA岸辺健都」が誕生。平和堂が運営するスーパーマーケット「フレンドマート」をはじめ、各科専門クリニックが集う「健都クリニックモール」、またフィットネスクラブ「グンゼスポーツ吹田健都」も出店。さらに、最上階には露天風呂を備えたビジネスホテル「カンデオホテルズ大阪岸辺」もオープンしています。
徒歩10分/約770m
MEDICAL
国立循環器病研究センター(2018年10月撮影)
国立循環器病研究センター(2018年10月撮影)
国立循環器病研究センター
健都の中核となる「国立研究開発法人国立循環器病研究センター」は、国内に6つある国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)のひとつ。循環器に関する診断・治療、調査・研究、さらに専門医療従事者の研修・育成を行っています。
徒歩6分/約420m

※掲載の「国立循環器病研究センター」に関する文言は、「国立循環器病研究センター」パンフレット(2016年7月)から抜粋したものです。

市立吹田市民病院(2018年10月撮影)
市立吹田市民病院(2018年10月撮影)
市立吹田市民病院
急性期医療や高度医療、救急医療を中心に「市民とともに心ある医療を」の基本理念に基づいて運営される「市立吹田市民病院」。およそ25の診療科目を擁し、広範にわたる地域医療の中核となります。
徒歩11分/約840m
PARKS
明和池公園(2016年7月撮影)健都レールサイド公園(2018年9月撮影)
明和池公園(2016年7月撮影)
健都レールサイド公園(2018年9月撮影)
豊かな緑が息づく街並み
「ローレルスクエア健都ザ・テラス」の東側に隣接する広さ約1.1ha、芝生広場や健康遊具などが設置される「明和池公園」をはじめ、緑豊かでたくさんの健康遊具が揃う防災健康空間「健都レールサイド公園」や「岸部新町しろやま公園」、「正雀川上部緑道」など、のびやかな空の下で憩えるスポットを随所に整備。明和池公園内には、万一の災害時にはおよそ3,700人が避難できる公園として大型のグランドも確保されます。
明和池公園(徒歩1分/約40m)、健都レールサイド公園(徒歩15分/約1,190m)
INNOVATION
image photo
image photo
健都イノベーションパーク
国立循環器病研究センターを中心に、医療、健康関連の研究機関や企業が集積する複合医療産業拠点。産学官民が連携し、健康への情報発信拠点として計画が進められています。
徒歩1分/約80m
FRIENDSHIP
健都ライブラリー(2020年11月撮影)
健都ライブラリー(2020年11月撮影)
ふれあいと学びのエリア
多世代交流の促進を図り、健康づくりや環境について学習できる施設等の建設が計画されたエリアを創出。健康づくりを支援する拠点となる多機能型図書館「健都ライブラリー」、在宅医療や福祉関係の事業と一体化となった「高齢者向けウェルネス住宅」などの運営が始まっています。
徒歩15分/約1,190m