【公式】ローレルスクエア健都ザ・レジデンス | JR大阪駅直通11分 | 総824邸の大規模 新築マンション | けんと824ローレルスクエア 健都ザ・レジデンス

WHAT'S ”KENTO”?

幸せがめぐる、暮らしの未来へ。

幸せがめぐる、暮らしの未来へ。

かつて東洋一※1と謳われた、吹田操車場跡地に描かれる未来。かつて東洋一※1と謳われた、
吹田操車場跡地に描かれる未来。

かつて東洋一※1の規模と謳われた吹田操車場。約30haにも及ぶ広大な敷地に「健都」の計画が進んでいます。産業、学術、行政、民間企業、それぞれの英知を結集して、心と体の健康を見つめ、暮らしの環境や、住まいの在り方に取り組んだ街。先端医療機関をはじめ、駅前複合商業施設「VIERRA岸辺健都」、緑あふれる公園を備えた都市を舞台に、総824戸のマンションPROJECTは始まりました。

北大阪健康医療都市“健都”ホームページはこちら

循環器を対象とする、唯一の国立高度専門医療研究センター「国循」。循環器を対象とする、
唯一の国立高度専門医療研究センター「国循」。

国立循環器病研究センターイメージ

国立循環器病研究センター国立循環器病研究センター

健都の中核となる「国立研究開発法人国立循環器病研究センター」は、国内に6つある国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)のひとつ。循環器に関する診断・治療、調査・研究、さらに専門医療従事者の研修・育成を行っています。
徒歩2分/約140m

※掲載の「国立循環器病研究センター」に関する文言は、「国立循環器病研究センター」パンフレット(2016年7月)から抜粋したものです。

日本初

分譲マンション初の連携へ、調印式が開会。

2016年8月12日、国立循環器病研究センターにおいて、日本で初めてとなる、マンション居住者の健康づくりの連携にむけて、国立循環器病研究センターと事業者代表の近鉄不動産によって調印式が執り行われました。

※2016年8月現在、分譲マンションと初の連携サービスとなります。

(写真右:国立循環器病研究センター/理事長 小川久雄氏 左:近鉄不動産株式会社/前 取締役社長 赤坂秀則)

市立吹田市民病院(2018年10月撮影)

市立吹田市民病院市立吹田市民病院

急性期医療や高度医療、救急医療を中心に「市民とともに心ある医療を」の基本理念に基づいて運営される、市立吹田市民病院。およそ25の診療科目を擁し、広範にわたる地域医療の中核となっています。
徒歩8分/約610m

駅前複合商業施設「VIERRA岸辺健都」完成予想図

駅前複合商業施設 VIERRA岸辺健都駅前複合商業施設VIERRA岸辺健都

JR「岸辺」駅前のエリアには、施設の核テナントとなるスーパーマーケットに平和堂、フィットネスクラブにグンゼスポーツが出店。そのほか、ホテルや検診センター、クリニックモール、調剤薬局などが出店しています。
徒歩7分/約500m

健都ライブラリー(2020年11月撮影)

健都ライブラリー緑のふれあい交流創生ゾーン

人々の交流と健康づくりや環境学習施設等が計画されたエリア。多目的広場や「健都ライブラリー」、高齢者の方々への複合居住施設などがあります。
徒歩12分/約910m

明和池公園(2016年6月撮影)

明和池公園明和池公園

広さ約1.1ha、芝生公園や健康遊具などが整備される明和池公園。万一の災害時にはおよそ3,700人が避難できる公園として大型のグランドも確保されています。
徒歩2分/約90m

image photo

健都イノベーションパーク健都イノベーションパーク

国立循環器病研究センターを中心に、医療、健康関連の研究機関や企業が集積する複合医療産業拠点。産学官民が連携し、健康への情報発信拠点として計画が進められています。
徒歩1分/約50m

ここから人生は、もっと楽しくなる。
the 824 GRAND COMMUNITY LIFE!
潤いと癒やし、健康を愛する心と満たす街、824家族の幸せな人生を描くステージ。